免疫力

社会

ウチの猫がガンになりました(18)犬型ロボットAIBOと遊んで免疫力がアップ!?

ジュテが爆食いモードに入った頃──。以前住んでいたマンションまで行き、散歩してから元気になった気もするので、気晴らしに遊ばせてやるのが回復にはプラスになるのでは…そんなふうに考えてみた。ジュテは先っぽに紫のガマの穂みたいなボンボンがついたス…

カテゴリー: 社会 | タグ: , , , |
社会

国内初「サル痘」感染者発覚!天然痘ワクチンの「有効性」と「持続性」には落とし穴があった

WHO(世界保健機関)が全世界に向けて「緊急事態宣言(国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態宣言)」を発出してからわずか2日後の7月25日、厚生労働省は、日本国内では初となる「サル痘感染者(30歳代男性、欧州滞在中に感染者と接触)」が東京都…

カテゴリー: 社会 | タグ: , , , , |
社会

「重症化リスク低い」は大間違い!?新型コロナBA.5ウイルス「肺増殖」の恐怖

コロナウイルスがオミクロン株のBA.5に置き換わって以降、新規感染者数は増加するばかり。7月21日には東京都で初めて3万人を突破し、全国でも過去最多の18万人を超え、過去最多となった。BA.5は現行のワクチンが効きづらい特性を持つ一方、重症…

カテゴリー: 社会 | タグ: , , , , |
社会

一生打ち続けるのか!?コロナワクチン「5回接種で死者急増」「7回で半数死亡」衝撃警告を葬るな!

昨年秋、免疫医学と抗体研究の専門家として知られる東京理科大学の村上康文名誉教授が、新型コロナワクチンの接種回数について次のような警鐘を鳴らし、波紋を広げた。「同一の抗原で繰り返し免疫化を行った場合、5回目から死亡する例が激増。7~8回繰り返…

カテゴリー: 社会 | タグ: , , , |
社会

コロナを凌駕する最大致死率11%!国内流入必至の「サル痘」でヤバイのは「49歳以下の日本人」

主にアフリカの西部や中部の熱帯雨林地帯で流行してきた動物(げっ歯類)由来の「サル痘」感染が、欧米や中東などの地域を中心に急拡大している。6月4日、欧州疾病予防管理センター(ECDC)は、アフリカ以外の27カ国での感染確認数が10日前の3倍超…

カテゴリー: 社会 | タグ: , , , , |
社会

新型コロナワクチン「安全神話」完全崩壊を裏付けるドイツ製薬会社の「重大な有害事象」報告

新型コロナウイルスのワクチン接種に関しては、いまだ否定派も多い。副反応を伴う死亡例が多数報告されているにもかかわらず、因果関係不明としていることも、そうした風潮に拍車をかけているようだ。そしてついに、その安全性を揺るがす「証拠」が出てきたの…

カテゴリー: 社会 | タグ: , , |
社会

日本では「蜂ヤニ」と呼ばれる「プロポリス」で髪の毛が生える!?

ミツバチがつくる「プロポリス」に、なんと発毛作用があるという。北海道大学大学院農学研究院の小林謙准教授の研究が注目されている。彼の研究内容というものはこういったものだ。様々な生理活性作用や、皮膚細胞の増殖を促して、傷ついた皮膚や角膜を修復す…

カテゴリー: 社会 | タグ: , , , , |
社会

秋津壽男“どっち?”の健康学「体温35.5度と37度で健康リスクが高いのは?体調のひとつの目安として把握するのがよし」

バイタルサインという言葉をご存じでしょうか。訳すと「生命兆候」という医学用語で、身体活動のうち脈拍・呼吸・血圧・意識レベル・体温の5つの異常兆候を発見する医療行為を意味します。それぞれの項目には基準値(正常値)が存在します。脈拍は1分間に6…

カテゴリー: 社会 | タグ: , , , , , |
芸能

西川史子、「スポーツ選手って病気になりやすい」は本当だった!?

競泳女子の池江璃花子選手が白血病を告白した件を巡って、タレント女医の西川史子に批判が寄せられているという。西川は2月17日放送の「サンデー・ジャポン」(TBS系)にて、スポーツ選手は病気になりやすいと主張。その理由として酸素をたくさん吸って…

カテゴリー: 芸能 | タグ: , , , , |
社会

長寿喚起ワイド「老化現象ロードマップ」(5)<対策>1日1回は腹を抱えて大笑いをしろ

健康的に老いていくことが理想である。その基本は食にあるようだが、不老の研究は進んでいる。日本の食文化史研究家・永山久夫氏が言う。「私たちはもっともっと長生きできるはずです。そのキーワードは『胡・豆・魚・大・参・茶』です。胡麻、大豆、魚、大根…

カテゴリー: 社会 | タグ: , , , , , |
社会

気になる「体のツボ」全部押してみた!(4)頭のコリ除去で免疫力向上

食欲は戻った。腰の調子も万全で、腎臓もいたわっている。だがそれでも、なんとなく頭がスッキリしない。そんな時に実践したいのが、寺林氏が推奨する「頭蓋骨マッサージ」だ。「私はこれまであんまマッサージ指圧師、鍼灸師として2万人を超える患者さんを診…

カテゴリー: 社会 | タグ: , , , , |
社会

寿命は延びてもミネラル不足の怖さ!

現代人の食生活は栄養が豊富なようで、実はミネラルが不足していると言われている。そして昨今、そのミネラルの中のケイソ(シリカ)が注目されている。最近ケイソ水、シリカ水という言葉を耳にすることが多い。ミランダ・カーやキャメロン・ディアス、レディ…

カテゴリー: 社会 | タグ: , , , , |
社会

「汚血」を排出して「心臓発作」「ガン転移」を阻止(3)確実に吸い取る「NAT鍼療法」

血流が滞り細胞が機能しなくなれば、体のいたるところがダメージを受ける。「例えば脳の病気にも汚血は深く関わっていて、認知症やパーキンソン病、頭痛、小脳性運動失調症などの細胞の故障は汚血が原因です。それ以外にも、脳周辺の病変として現れる網膜変形…

カテゴリー: 社会 | タグ: , , , , |
社会

私たちはこうして末期ガンから生還した!(3)生きがいで免疫力は高まる

ガンと対峙した際、大きな問題は「死への恐怖」だ。わが国の医学界はこれまでガンを隠す(告知しない)ことで対応してきた。この問題に取り組んできた岡山県倉敷市の「すばるクリニック」伊丹仁朗院長は、「死の恐怖はそのままにして、今日1日をどう生きるか…

カテゴリー: 社会 | タグ: , , , , , |