大田泰示

スポーツ

交流戦は嫌い?DeNA筒香嘉智が巨人選手と密談する“真相”とは

筒香嘉智は打率4割と交流戦は絶好調だが、通常シーズンが恋しいようだ。それも、巨人戦が…。「巨人戦の試合前、必ず見せるのがマギーとの会話なんです。打撃練習を中断して、話しこんでいます。かなり仲が良いと見ていいでしょう」(球界関係者)筒香、マギ…

カテゴリー: スポーツ | タグ: , , , , |
スポーツ

プロ野球「セ・パ交流戦」を盛り上げる「10大遺恨バトル」(3)古巣への“恩返し”を誓う日ハム・大田

移籍を巡る因縁といえば、オリックス・増井浩俊(33)と巨人の対決にも注目したい。昨オフ国内FA権を行使した日本ハムの増井に対し、オリックスと巨人が獲得に動いた。オリックスの提示は「3年9億円」で、巨人はオリックスを上回る条件を提示したという…

カテゴリー: スポーツ | タグ: , , , , , |
スポーツ

好調の陰で…“巨人大誤算男10人”が爆発寸前!「DeNA筒香強奪の要員は大田っだった?」

キャンプ中から、原監督が幾度となく口にしていたのは、未完の大器、大田泰示(24)の4番構想。ミスターが松井秀喜氏をマンツーマン指導で一本立ちさせたように、自身の手による生え抜き和製大砲育成は悲願だったが、これもあっさりと頓挫した。「4月30…

カテゴリー: スポーツ | タグ: , , , , |
スポーツ

12球団一熾烈な「巨人」球団内対決!(1)4番が決まらない

開幕間近になって、各球団ともレギュラー、ポジション争いは最終段階に入った。ことに今季の巨人は、12球団で最も激しい「ベンチ入り25人枠」を競っている。指揮官にとっては悩ましいやらうれしいやらで‥‥。かねてから原辰徳監督(56)が「決まらない…

カテゴリー: スポーツ | タグ: , , , , |
スポーツ

プロ野球開幕直前!セ・パ「客寄せパンダ」のホントの実力は?(3)昨季セ優勝の巨人を見てみると…

巨人・原監督が「4番候補」として売り出しを図っているのは大田泰示(24)だ。実際、キャンプ中からの実戦で4番に座り続け、結果も出してきた。“大田覚醒”の背景を先の球界関係者が話す。「松井臨時コーチの指導がよかったのではと言われています。大田…

カテゴリー: スポーツ | タグ: , , , , |
スポーツ

巨人の大竹奪取に広島が“プロテクト漏れ選手”獲得で倍返し!(2)

広島の補強ポイントといえば「右の大砲」だろう。「栗原健太(31)が故障から2年連続本塁打ゼロに終われば、堂林翔太(22)は伸び悩み。後半こそ少し存在感を見せたものの安定感のないエルドレッド(33)など、大きいのが打てる右打者がもの足りない状…

カテゴリー: スポーツ | タグ: , , , , , , , , , |
スポーツ

引退・松井秀喜(4)「日本料理レストラン“ヒデ”」

「背番号剝奪」問題もある。松井のメジャー移籍後、巨人は大型新人として入団した大田泰示に「55番」を譲渡した。前出・巨人担当記者が語る。「この時点で松井は巨人に、それまでほどの仁義を感じなくなってしまった。本当に松井を戻したいのなら、巨人は5…

カテゴリー: スポーツ | タグ: , , |