落語家

芸能

桂歌丸に“腹黒い”とイジられ続けた6代目三遊亭円楽が見せた「清らか涙」!

7月8日放送の「笑点」(日本テレビ系)では、2日に慢性閉塞性肺疾患のため亡くなった桂歌丸に対する追悼大喜利を開催。7日に笑点メンバーが集まり収録したという。お題は天国の歌丸に向かって「歌丸師匠、○○してくれて、ありがとうございました!」と呼…

カテゴリー: 芸能 | タグ: , , , , |
芸能

若き伊集院光が桂歌丸師匠のために持ち歩いていた“大人の嗜好品”とは?

7月3日放送のラジオ番組「伊集院光とらじおと」で、伊集院光が、前日に亡くなった桂歌丸師匠との思い出を語った。「伊集院光は高校在学中に5代目三遊亭円楽の一門へ入門し、楽太郎(現在の6代目三遊亭円楽)の弟子として芸能活動をスタート。二つ目にも昇…

カテゴリー: 芸能 | タグ: , , , , |
芸能

桂歌丸、地元商店街も結束して“師匠のイメージ”守り通した「愛され力」!

7月2日、落語家の桂歌丸さんが慢性閉塞性肺疾患のため、横浜市内の病院で亡くなった。国民的長寿番組の「笑点」の“顔”として知られる歌丸さんは、1966年の第1回放送から大喜利メンバーとして出演。06年からは5代目司会者としてお茶の間に笑いを届…

カテゴリー: 芸能 | タグ: , , , , |
芸能

有名人「下半身騒動」の始末書!(3)<特別寄稿作家・田崎健太>破天荒芸人・月亭可朝の遺言

本来、芸人とは一般の人間とは違う魔界の住人であった。観客は、彼らの破天荒ぶりや狂気を含めて愛し、その話術に夢中になったものだ。その意味で、月亭可朝は本物の芸人だった。気鋭のノンフィクション作家・田崎健太氏が、可朝に密着した最期の日々を描く。…

カテゴリー: 芸能 | タグ: , , , , , |
芸能

立川志らくvs立川談春「談志一門内の確執」の真相とは?

偉大すぎる師匠ゆえの“跡目争い”か?4月19日に放送された「櫻井・有吉THE夜会」(TBS系)に、プライベートで交流があるという嵐・二宮和也と落語家・立川談春との飲み会の様子がオンエアされた。談春は、同じ立川談志一門の立川志らくとの確執が噂…

カテゴリー: 芸能 | タグ: , , , , |
芸能

ビートたけし、独立の理由に「ばいしゅん」があった!?

この3月で、ビートたけしが約30年にわたって率いてきた芸能事務所・オフィス北野から独立することが明らかになり、大きな話題となっている。71歳の決断。3月26日発売の「週刊ポスト」では、「オイラはこれまで好きなことをやってきたし、これからもい…

カテゴリー: 芸能 | タグ: , , , , |
芸能

三遊亭好楽VS林家正蔵「襲名トラブル」で遺恨再燃(3)襲名断念で200万円の損失

一連の騒動を受け、演芸評論家の高山和久氏は言う。「香葉子さんは初代三平亡きあと、一門をまとめ、落語界全体に影響力を持つ人であることは間違いない。ちょっと食い違いがあった結果、大きな騒動になってしまった、という気がします。仮に先に話を通してい…

カテゴリー: 芸能 | タグ: , , , , , |
芸能

三遊亭好楽VS林家正蔵「襲名トラブル」で遺恨再燃(2)名跡を巡って過去にひと悶着

それにしても香葉子さんがなぜ、ここまで林家一門の名跡にこだわるのか。そこには、好楽と林家を巡る遺恨があったこととも無関係ではない。「そもそも好楽が最初に入門したのは、他ならぬ林家一門でした。最初の師匠は八代目林家正蔵(のちの彦六)でしたが、…

カテゴリー: 芸能 | タグ: , , , , , |
芸能

三遊亭好楽VS林家正蔵「襲名トラブル」で遺恨再燃(1)「三遊亭に行かれたんだし…」

かの「昭和の爆笑王」も、草葉の陰で苦い顔をしていることだろう。落語界きっての「名家」が猛反発し、人気落語家弟子の真打昇進にケチがつくという無粋な話が持ち上がったのだ。我々にとってはマクラも何もなしにいきなり「サゲ」を聞かされたような内紛劇だ…

カテゴリー: 芸能 | タグ: , , , , , |
芸能

「ドール」との愛欲生活にハマる芸人続々!映画まで作った落語家って誰?

寂しい男性の相手を務めることで知られる等身大の人形。かつては擬似的な交合の相手として使われてきたが、最近は愛の対象としてもじわじわ人気を広げている。そんな愛の伝道師である人形“愛玩用ドール”と恋に落ちた落語家がいた。桂文珍の一番弟子である桂…

カテゴリー: 芸能 | タグ: , , , , |
芸能

桂文枝、“不貞相手”が告発した新演芸場の命名巡るヤラセ疑惑の「小物感」!

8年もの間、不貞関係にあったという女性からその「痴態ともいえる行状の数々」を昨年12月27日発売の「週刊新潮」で暴露告発された落語家・桂文枝。不貞相手の“口撃”はこれだけでは済まなかった。1月22日発売の「週刊現代」で、上方落語の殿堂として…

カテゴリー: 芸能 | タグ: , , |
芸能

天才テリー伊藤対談「立川志らく」(4)立川流の中で誰も談志を継がない?

テリー師匠が今後目指していきたいことって、何かあるんですか。志らく伝統芸能というのは、師匠が死んだらその弟子の中に入り込んで、自分のやり残した落語・芸に対する未練を弟子と一緒に語りながら解消していくものだ、と思っているんです。だから、今、自…

カテゴリー: 芸能 | タグ: , , , , |
芸能

天才テリー伊藤対談「立川志らく」(3)談志のマネでなくセンスを盗もうと

テリー実際に弟子入りしてみて、談志師匠はどんな方でしたか?志らく当時、他の兄弟子たちは「人間修行をしてこい」と言われて築地に移っていたものですから、私が師匠の周りのことを全部やることになりました。毎日怒りながら、いろいろ教えてくれましたよ。…

カテゴリー: 芸能 | タグ: , , , , , |
芸能

天才テリー伊藤対談「立川志らく」(2)才能が出る時ってトントン拍子だね

テリー最初に落語に触れたのは、いつですか。志らく父親の影響で、小学生の時からです。ただ、その頃好きな名人はみんな亡くなっていましたし、同時に映画も好きでしたから、そもそも落語家になりたいとも思ってなくて。テリーあらら(笑)。それがまた、どう…

カテゴリー: 芸能 | タグ: , , , , , |