社会

かの偉人たちに学ぶ「歴史的健康術」(1)<徳川家康>薬草を栽培して調合

徳川十五代将軍で、70歳を超えて生きたのは初代の家康と十五代の慶喜だけである。平均寿命が40歳にも満たなかった江戸時代。家康の健康長寿は独自の秘訣に支えられていた。戦国時代を生き抜いた武将たちの中でも、家康は健康への関心がズバ抜けていた。1…

カテゴリー: 社会 | タグ: , , , , , |
社会

知られざるニッポン秘薬・伝統薬めぐり(4)後醍醐天皇ゆかりの胃腸薬

奈良県御所市に、創製は14世紀前半の元応年間(1319~1320)と言われる日本最古の胃腸薬がある。その名も三光丸。創製当初は「紫微垣丸(しびえんがん)」という名前だったのだが、建武3年(1336)に後醍醐天皇より「三光丸」の勅号を賜ったと…

カテゴリー: 社会 | タグ: , , , , |
社会

知られざるニッポン秘薬・伝統薬めぐり(3)刀傷も白内障も治す特効薬

富山の立山連峰にはツキノワグマが数多く生息している。この熊の胆のうを乾燥させた、通称「クマノイ」は古くから妙薬ともてはやされた。日本の伝統薬に詳しく「妙薬探訪」(徳間文庫)の著書もある医療ジャーナリストの笹川伸雄氏がこう説明する。「古来から…

カテゴリー: 社会 | タグ: , , , , |
社会

知られざるニッポン秘薬・伝統薬めぐり(2)都内にはアンテナショップも

同じ上野には大正8年(1919)創業の建林松鶴堂がある。創業者・建林宰亮(さいすけ)は西洋医学・薬学を学んだのちに東洋医学を究める。そして「新漢方」と銘打ち、独自の処方で多くの薬を創出。鼻炎薬「鼻療」、脂肪過多症に効く「扁鵲(へんせき)」を…

カテゴリー: 社会 | タグ: , , , , |
社会

知られざるニッポン秘薬・伝統薬めぐり(1)コレラから日本を救った

日本最古の胃腸薬をご存じか。それこそは、14世紀初頭に創製された「三光丸」。「効く」と評判を集め、気がつけば700年──今も地域の人々に愛されている。日本全国を見渡せば、生薬を原料とした「秘薬」「伝統薬」がまだまだあった。外国人観光客も買い…

カテゴリー: 社会 | タグ: , , , , |
社会

「汚血」を排出して「心臓発作」「ガン転移」を阻止(1)化学薬品や食品添加物が腐り…

人はなぜ病気にかかるのか。全ての病原に対する答えは「体に蓄積した、汚れた血液」だと結論づける医師がいる。この「汚血」を驚きの方法で取り除けば、ガンや心臓発作に至るまで良化。その衝撃的な治療風景を目の当たりにした記者に、医師が語った劇的効果と…

カテゴリー: 社会 | タグ: , , , , , |
社会

シニア世代は読んで欲しい…クスリと食品の危険な食べ合わせ(2)「サプリの意外な“落とし穴”」

昨今、ドラッグストアにはサプリメントなどの健康食品コーナーが設けられるほど、広く世間に普及している。その健康食品の中でも注目したいのが、セント・ジョーンズ・ワート(セイヨウオトギリソウ)だ。ハーブの一種で、気分的なイライラなどを抑えると言わ…

カテゴリー: 社会 | タグ: , , , , , , , , , , |
社会

シニア世代は読んで欲しい…クスリと食品の危険な食べ合わせ(1)「その組み合わせは本当に大丈夫?」

日ごとの寒暖差が激しい季節の変わり目は、シニア世代にとっても体調を崩しやすい時期である。当然、薬を服用する機会も増えるのだが、日常的に口にしている食材やサプリとの組み合わせによっては、薬が「毒」に化けてしまう。時には、死を招く“食べ合わせ”…

カテゴリー: 社会 | タグ: , , , , , , , , , |