女子アナ

岡副麻希、北北西を「きたきたにし」と読むお粗末な学力に受験生はボー然!?

20170207okazoe

 視聴者全員が耳を疑った。

 その小麦色の肌から、ぶっちゃけキャラの黒いアナとして男性人気の高いフリーアナウンサーの岡副麻希だが、2月3日放送の「めざましテレビ」(フジテレビ系)で、かつてない「読み間違い」をして、女子アナの資質を疑う声まで出ている。

 フジの三宅アナが「今日は節分ですよね」と話題を振り、話は恵方巻きへ。そこで三宅アナが岡副に「今年はどの方角を向いて食べるか、麻希ちゃんはわかりますか?」と尋ねたときに問題発言が飛び出した。岡副が「きたきたにし」の答えたのだ。

 スタジオは一瞬凍りついたものの、岡副は続けて「東が右なので、左で、斜め75度」と指で方角を指した。しかし、あ然としたほかの出演者は「そういう問題じゃない」と当然のツッコミ。三宅アナが「『ほくほくせい』って読むんだよ」と正しい読み方を教えるというまさかの事態となった。

「方角は合ってました(笑)。マージャンを好きな芸能人が東西南北をつい“トンナンシャーペー”と読んでしまったことは過去にありましたが、アナウンサーが北北西を読めないとはスタッフの誰一人予想もしていなかったでしょう。一部からは『狙ってたのでは』という声もありますが、そんな読み方は冗談でもしないと思いますよ」(エンタメ誌ライター)

 彼女のアイドル的資質を評価する軽々しい声もあるが、この厳しい受験シーズンに学生たちが見たら何を思うのだろうか‥‥。

(飯野さつき)

カテゴリー: 女子アナ   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の育毛ケアはカッコいい」は女性たちの新常識。モテ男を目指すなら今すぐGO!

    Sponsored
    89357

    小さい頃、家の洗面台には親父の育毛剤があって、なんだか悲しい気持ちになったことを覚えている。それを人知れず使っている(しかも家族にも!)親父の後姿は、やけに哀愁が漂っていた。記者が年齢を重ねることに不安を感じたのも、この頃だった。ところが、…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    「小じわ」の放置は「老け顔」に!?今すぐ始める30代からのスキンケア

    Sponsored
    86146

    30代から40代の女性は、結婚や出産・育児などの経験を経ることでママ友や主婦仲間といった新しいコミュニティでのお付き合いが始まったり、そして仕事の場では経験を重ねることで責任あるポジションに就いたりと、家庭や仕事でより充実した毎日を過ごして…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    ラッシュアワーが楽しくなる!?駅・電車内の正しい「苦痛軽減術」

    87987

    昨今、電車内での痴漢及び、痴漢冤罪が社会問題になっている由々しき事態だが、もとより、日々の通勤電車は我々サラリーマンの悩みのタネだった。バリバリ仕事をするためには、移動でくたびれている場合ではない。そこで、通勤時間を快適にするオヤジテクニッ…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
体操 田中理恵 「カメラマン」に対抗した仰天措置 「恥骨テーピング」で激写封じしていた
2
上西小百合、タレント転身も「全局が一斉出禁」の衝撃情報!
3
「美女タレントを射止めた芸人」になり損ねた残念オトコたち
4
「私にくわえさせると薬物に火を点け…」清水良太郎を通報した女性が告白
5
香取慎吾「仮装大賞」降板危機を救う萩本欽一の爆弾発言!