芸能

小倉智昭も懸念!W杯・日本に敗れたコロンビア選手を待ち受ける“危険”とは?

 日本とコロンビア、その明暗はくっきりと分かれた。西野朗監督率いるサッカー日本代表が6月19日、ロシアW杯グループステージ初戦のコロンビア戦を2-1でくだし、歓喜の声が沸き立っている。日本は、試合開始早々香川真司がシュートを放つと、コロンビアMFカルロス・サンチェスがこれを手で防ぎレッドカードの一発退場。その後10人での戦いを余儀なくされたコロンビアは攻め手のオプションを欠き、終始日本のペースとなり、後半28分の大迫勇也のヘディングシュートで試合は決したのだった。

 南米の強豪相手からよもやの大金星を奪い、ツイッターのトレンドワードランキングでも上位が同試合に関連するワードで埋め尽くされるなどまさに日本列島全体が勝利の美酒に酔いしれたものの、懸念されるのは勝敗のターニングポイントを図らずも、もたらす格好となってしまったコロンビア退場者カルロス・サンチェスに迫る“身の危険”だろう。

「試合の翌日の6月20日放送の『とくダネ!』(フジテレビ系)で、キャスターの小倉智昭が『コロンビアの人たちはあれだけ(会場に)来てたけど、帰りは足が重かっただろうなぁ。サンチェスとか(母国に)帰って大丈夫かな。コロンビアは政情不安で、何かコトが起こらなきゃいいけど』などと案じていたように、サッカーへの熱が尋常ではない南米列強国はミスを犯した選手や、戦犯に対する扱いも常軌を逸したものがあります。1994年のアメリカW杯では、オウンゴールしてしまったアンドレス・エスコバル(当時27歳)が帰国後サポーターから銃撃され、帰らぬ人になった凄惨な事件が実際起きています。今回の敗戦で、サンチェス選手に全責任があるわけではないですが、過激なサポーターがどう考えるはわかりません。無事を祈るばかりです」(スポーツライター)

 いつの時代もスポーツの世界には勝者と敗者が生まれ、喜びと悲しみが錯綜する。もちろんW杯グループステージは3試合あり、まだ初戦を終えたばかり。日本は手綱を締め、一方のコロンビアは希望を持ち続ける必要があるだろう。

(ジェイコヴ)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
【孤立の真相】ロッテ・佐々木朗希「150キロ台しか出ない」に球団も選手も「冷たい視線」
2
渡瀬恒彦「安岡力也を半殺し」「舘ひろしに鉄拳制裁」芸能界最強伝説/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
3
「川相、何やってんだ」巨人・阿部慎之助監督「バント野球」失敗の多さを元木大介はどう見たか
4
またいなくなった!フジテレビ・井上清華アナに浮上する「渡邊渚アナの長期療養」悲劇再来
5
【バス旅秘話告白】太川陽介が蛭子能収を大絶賛「ひと言も文句を言わず23キロ歩いた」四国道