芸能

西郷輝彦、深作欣二作品の萬屋錦之介に身震い

「やっぱり悪いヤツには死んでもらわないとな」

 プロデューサー・日下部五朗の一言で難航していた「柳生一族─」のラストが決まった。忠長を自害させたことにより三代将軍となった家光だが、その首を但馬守の子である十兵衛(千葉真一)がはねる。

〈夢でござる。夢だ、夢だ、これは夢でござある!〉

 取り乱して絶叫する但馬守は、萬屋の歌舞伎役者たるセリフ回しで異様な迫力を生む。西郷は試写の場で萬屋の演技に身震いした。

「やっぱり萬屋さんはあれでいい。周りがリアルな演技だから、大画面に生きるのは萬屋さんのセリフ回し。同時に、この映画は当たると確信しました」

 実際、公開と同時に観客が殺到し、その興行収入は30億円以上を記録。時代劇初挑戦だった深作にとって、大きな勲章をもたらした。

 余談だが秀逸なコピーを作った関根は、03年のイラク戦争時にブッシュ大統領の演説を聞いて耳を疑った。

「すべての国は選ばなければならない。われわれか、テロリストかを」

 傲慢な大統領が、権力掌握の但馬守と同じ言葉を発していることに不思議な因縁を感じた‥‥。

 その但馬守を演じた萬屋は、再び深作監督の「赤穂城断絶」(78年/東映)で大石内蔵助を演じる。西郷もまた、浅野内匠頭という大役を務めるのだが─、

「浅野をやれるのは光栄でしたが、なぜ深作さんが忠臣蔵なんだろうという思いもあった。すでにテレビでもやりつくしている題材だし、深作さんなら、もっと新しいテーマのほうがいいんじゃないかと」

 実は直前に「宇宙からのメッセージ」(78年/東映)という“和製スター・ウォーズ”を1本、撮り終えている。半ば会社命令ではあったが、萬屋は苦言を呈した。

「なんで『宇宙─』なんかに手を出すのさ。次は忠臣蔵をやらなきゃ」

 ただし、西郷が危惧したように、深作は古典的な題材にさほど興味はない。同じ忠臣蔵でも、後年に「忠臣蔵外伝 四谷怪談」(94年/松竹)を撮ったことが何よりの“深作らしさ”である。

 さて「赤穂城断絶」の脚本を担当した高田宏治は、深作と何度も打ち合わせを重ねる。

「今までと同じ忠臣蔵をやってもしようがない。サクさんは『仁義なき戦い』でも主演の菅原文太や小林旭より、犬死にするチンピラたちを光らせるのがうまい人。この映画でも討ち入りから脱落してゆく浪士や、死にゆく者に力を入れていた」

 もっとも、そこは忠臣蔵であるから、おなじみの「刃傷松の廊下」や「吉良邸討ち入り」を欠かすわけにはいかない。西郷は、松の廊下のシーンで深作に厳しく指導された。

「長袴をはいて、そんなに簡単に吉良上野介に手を出せるもんじゃない。だから走るな、むしろ廊下で後ろにひっくり返ってくれって。それが深作さんの求めるリアルさだったんです」

 残念ながら「赤穂城─」は、時代劇復興の第2作としては「柳生一族─」の半分にも満たない興行成績に終わった。それでも高田は、深作が最後のシーンで萬屋に言わせたセリフに「本質」を感じた。

「私の脚本にはない『良き仲間たちでござった』という言葉を内蔵助に言わせている。サクさん特有の情感や寂しさを最後に集約させるところが、さすがだと思ったね」

〈文中敬称略、次回は宮本真希〉

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
純烈リーダー、「友井は死んだ」発言に「あのグループとは違う」と絶賛の声!
2
深田恭子をヤリ手会長に奪われた亀梨和也「結婚を決断できなかった理由」
3
女芸人からも批判!芸能界で“反・松本人志連合”拡大の動きが
4
ヤバい癖で迫る!?クロちゃん、お持ち帰り相手は“あの人気アイドル”だった?
5
菅田将暉「3年A組」はいきなりの最終回ネタバレで視聴者の獲得に成功!?