芸能

広末涼子、清野菜名、石田ゆり子…あの芸能美女のアスリート伝説を徹底調査

 スポーツの秋到来! バドミントンの桃田賢斗やテニスの大坂なおみの活躍に胸を躍らせた読者も多いだろう。しかし、その美貌や演技に胸を躍らせた、あの芸能美女たちも、かつてはスポーツ少女として大活躍していたことをご存知だろうか。

 人気女優の広末涼子にも、スポーツに打ち込んだ時代があった。

「中学時代、陸上部に在籍していた広末は、走り高跳びで県大会2位入賞を果たしています。同じ走り高跳びでは、NHK朝ドラ『半分、青い。』で最終週に非業の死を遂げる裕子を演じた清野菜名が中学時代、バスケットボール部に在籍しながら走り高跳びで160センチをクリア。09年の全国大会に出場した経歴があります」(芸能ライター)

 過去の実績ではなく、今まさにスポーツ美女として輝く芸能人もいる。

「グラドルのほか、女優としても活躍している中村静香が、今年7月1日に開催された『函館マラソン』に“サブ4”(4時間切り)を目指して出場。4カ月の特訓、そして、『飲み方がカワイイ』ことでも知られる中村が、2カ月間大好きなお酒を断って挑戦した結果、4時間5分48秒という好タイムでゴール。“サブ4”は惜しくも逃しましたが、29歳以下の一般女子の部で第8位という素晴らしい成績でした」(グラビア誌編集者)

 芸能美女の中には、オリンピックを狙えるところまで極めた人も。

「アラフィフ女優として大人気の石田ゆり子は子どもの頃、妹・ひかりが始めたことに影響されて水泳を習い、やがて神奈川県の代表に。ジュニアオリンピックで全国8位となり、84年のロス五輪出場を狙えるほどの実力だったそうです。グラドルの手島優も、3歳から10年間、水泳に明け暮れ、ジュニアオリンピックの候補生にまでなっています」(週刊誌記者)

 10月3日に発売された「アサ芸シークレットVol.54」では、これら芸能美女の意外なアスリート伝説を徹底調査。秋の夜長、あの女優、あのグラドルがスポーツで躍動する在りし日の姿を、この1冊で妄想してみては?

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
松本人志の居ぬ間に中山秀征…芸人たちが「実はスゴイ人」異常な絶賛の「あぁ不思議」
2
【雨予報のGI宝塚記念】ドウデュースは大敗!重馬場で急浮上する「この3頭」のウハウハ適性
3
「青春18きっぷ」夏季用がようやく発売でも消えない「冬季販売中止」の不穏な背景
4
元楽天・安楽智大が来季「日本球界に逆輸入される」メキシカンリーグでの「標高2200メートル投球」
5
「山口組のキッシンジャー」が体現した哲学! ヤクザの「平和共存」は方便などではなかった