芸能

平子理沙「離婚」報道でネット上では「顔面サイボーグ」祭りに!

20151218hirako

 12月18日発売の写真週刊誌「フライデー」で、俳優の吉田栄作との離婚情報が報じられたモデルの平子理沙。さらにスポーツ紙によると、平子の事務所が「春先から離婚準備を進めている」と認めているという。

「平子と吉田は3年半の交際ののち97年に結婚。当時、吉田はアメリカでの俳優修行中で、新婚早々の“別居婚”が話題になりました。かねてから男性関係の噂が絶えなかった平子と、今年6月にモデルの加賀美セイラとの密会が報じられた吉田。こうなるのは時間の問題だったのでしょう」(女性誌記者)

 一部では“ビジネス夫婦”と言われていたとの情報もあり、すでに2人は冷え切った関係だったようだ。ネット上にも「別れて当然」「どうぞご勝手に」など2人以上に冷めたコメントが並ぶが、そんな中でとりわけホットなテーマになっているのが、やはりというべきか、平子の“顔”だ。

「テレビに出るたびに『劣化が激しい』『顔が変わった』と話題になる平子ですが、今回の離婚騒動でも『顔いじりすぎ』『ヒアルロン酸入れすぎ』や、ふくれた唇について『たら子さん、いや平子さん』などと作り上げたと思われる顔についてのコメントが多いです。『フライデー』の写真も、突き出た唇はどう見ても過去とは別物。“エイジレス・ビューティー”と呼ばれる平子ですが、アンチエイジングとはサイボーグ化することではないはずですが」(週刊誌記者)

 まさか顔面同様、隣に立つ男も取り替えられると思っているわけではないだろうが‥‥。

カテゴリー: 芸能   タグ: ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「女子アナを辞める!」水卜麻美が「責任問題」で日テレ退社後に選ぶ「意外な職業」
2
市川海老蔵「神がかり3連単ボックス」馬券術(3)3285万円ブチ当てた
3
黒島結菜 どんどん出てくる「オトコ遍歴」と魔性素顔
4
戸田恵梨香のドラマ降板報道を吹き飛ばす「片バストがモロ見え」驚き映像
5
綾瀬はるか「バストを強調しすぎ!」ユニクロCMで批判の標的にされた“災難”