スポーツ

玉木正之のスポーツ内憂内患「白鵬の傲慢な言動こそ角界の『ウミ』だ」

 稲葉監督率いる日本代表野球チーム「サムライ・ジャパン」が、韓国、台湾チームに勝ってアジア・チャンピオンシップ・シリーズに優勝。これは2020年の東京オリンピックで正式競技となった野球の日本代表チームの強化のために新設された大会だが、実力が拮抗するチームの試合は、見ていてスリルと迫力に溢れ、結構面白いものだった。

 サッカーではACL(アジア・チャンピオンズ・リーグ)で、浦和レッズがサウジアラビアの強豪アルヒラル(アラビア語で三日月という意味)を決勝で破って優勝。最近は南米や欧州から有名選手を集めた中国の台頭などで、レベルが高くなってきたアジアのサッカーでクラブ・ナンバーワンの座についた。

 これらの出来事は、通常ならテレビのワイドショーなどで大きく騒がれてもいい快挙のはずだが、メディアのスポーツの話題は「日馬富士暴行傷害事件」一色。サムライ・ジャパンや浦和レッズの快挙を一面からはずして「暴行事件」を報じたスポーツ紙もあった。

「日本の国技」である大相撲での「暴行傷害事件」であり、しかもその「国技」が汚されたと言える事件なのだから、そのような扱いも仕方ない、とも思えるが、それならもっと真剣に取りあげるべきだったはずだ。

 11月28日になって被害者の貴ノ岩の頭の傷(といわれる写真)がテレビ放送に出回った。が、この写真が何故もっと早く公開されなかったのか?

 9針も縫った‥‥という情報は伝わっても一直線のキズでない場合もあり、相撲を取るのに支障はない‥‥との診断書を書いた医者のコメントが伝えられれば、小さなキズが点在していたと考えて当然だった。

 が、7センチ前後も一直線に裂傷が走り、医療用ホチキスで9箇所も止められた傷口の写真を見せられると、頭から激突する相撲など当分とれるはずがない(と少なくとも相撲を知っている者にはわかるだろう)。

 もちろんこの写真が、貴ノ岩の頭部だとするならば‥‥という(今のところ)仮定のもとでの話だが。顔は写っていないとはいえ、このような写真を作為的に作ったり、別人のケガを写したりすることも考えにくく、貴乃花親方の千秋楽後のコメント(階段から落ちた程度のキズではない)とともに、これは貴ノ岩自身のケガと断定していいだろう。

 ならば、もちろん日馬富士のあまりに酷い暴行傷害は責任追及を免れず、引退以外の道はなかったのだろう。が、その暴行を止めず(止められず)に、周囲で見ていた白鵬と鶴竜の責任や横綱としての品格も問われてしかるべきだ。

 おまけに白鵬は、千秋楽での優勝インタビューで、まず現場にいた「関係者」の一人として、日馬富士の暴行を止められなかった責任を感じて謝罪するべきだった。それなのに、「場所後に真実を話し、ウミを出し切って、日馬富士関と貴ノ岩関を土俵に上げてあげたい」と語ったうえ、万歳三唱までやってのけたのだ。

 加害者である日馬富士を「土俵に上げて‥‥」というのは完全に越権行為で、横綱の口にするべき言葉ではない。また、かなりの流血があったに違いない暴行現場に同席しながら、自分に何の責任もない第三者のような態度で優勝を喜び、万歳までやってのけた神経の鈍感さには呆れるほかない。横綱審議委員会でも白鵬の「ウミを出し切る」という言葉が問題にされたそうだが、角界で止まない暴行事件だけでなく、このような白鵬の傲慢な言動も角界の「ウミ」に違いない。それに対して相撲協会が細かく注意をしてこなかった結果、「ウミが溜まった」のだ。

 百聞は一見に如かず。貴ノ岩のケガの写真を貴乃花親方が即刻公開していれば、すべては一瞬に氷解していたはずなのに‥‥。

(玉木正之)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
桐谷美玲が最新全身ショット公開!スリムなのにバストは“サイズアップ”証言
2
藤田ニコル「アレを我慢するのが得意」発言でベッドの中でも“ドM”確定説
3
三浦翔平が妻・桐谷美玲の“サイズ”を激白!笑み浮かべ「ちっちゃい」に騒然
4
復帰の小川彩佳に注目が集まる「ミルクタンクバスト」露わの視聴率浮揚策
5
大島由香里、「耐え難いことがあった」離婚原因の吐露に見る小塚の“罪深さ”