芸能

俺たちがシビれた「刑事ドラマ」50年の勲章<直撃4>松崎しげる「噂の刑事トミーとマツ」

 群像劇ではなく、男2人を主役としたバディ作品の先駆け! それが、松崎しげる(68)が国広富之と組んだ「噂の刑事トミーとマツ」(79~82年、TBS系)だった。

── 歌手としては「愛のメモリー」など数々のヒット曲がありますが、俳優としては、これがドラマ初主演。

松崎 映画で「その後の仁義なき戦い」(79年、東映)をやって、これが2本目になるね。昔から仲のいい西田敏行に相談したら「いいから何でもやれ」って、福島なまりで背中を押されて(笑)。

── 当時、TBSで放映されていた「刑事スタスキー&ハッチ」の日本版という宣伝でしたが。

松崎 確かにアメリカの男2人のポリスマン・ストーリーを下敷きにしているけど、それだけじゃなくて「超人ハルク」も入れて、ギュッと詰めている。

── ああ、確かにトミーもマツも「超人」に変身しますね。気弱なトミーにマツが「お前なんか男じゃない、女男で十分だ。おとこおんなのトミコ!」と罵倒すると、とたんにハルクばりに変身(笑)。

松崎 昔、E・H・エリックさんという人が耳をピクピク動かしていて、あんな感じにしようと後ろから針金で動かしていた。そのうち国広君は、自力でピクピク動かせるようになったんだから、大した役者だよ。

── 逆にマツが「おとこおんなのマツコ!」と罵倒され、変身するケースも。

松崎 髪をボサボサにして、みんなにタバコの煙を頭にかけてもらって、それで煙が出ているみたいにして撮っていたね。

── 本来は「噂の刑事」だけだったのが、松崎さんのアイデアで「トミーとマツ」まで正式タイトルに。今の話をうかがっても、現場のアドリブが多かったかと思います。

松崎 当初は警視庁管理官役の石立鉄男さんに「ルールを守れよ」って怒られてた。でもそのうち、石立さんも「お前は本当にやりたい放題だな」って、あきれられながらも好きにやらせてもらえて。

── これまでの刑事ドラマにない大暴走のノリで、三振かホームランかという感じだったんでしょうね。

松崎 そうだね、暗中模索だったけど、いつしか視聴率で裏の「銭形平次」(フジテレビ系)を抜いて。僕も見ていた国民的な番組を抜くなんて信じられなかった。

── 数字が上がって放映回数も延長を重ね、そうなると現場の熱気もさらに高くなっていきましたか?

松崎 大映ドラマだから同じ撮影所の僕らはBスタで撮っていて、Aスタは百恵ちゃんの「赤いシリーズ」だった。向こうはシリアスだからシーンとしているけど、こっちはどんちゃん騒ぎ。しかも声がデカいから、こっちの声がAスタまで響くって怒られた(笑)。

── パート2まで作られたほどの名コンビであるトミーはいかがでした?

松崎 彼は殺陣をやるのでもJACに行ってちゃんと練習してくるし、僕のアドリブにもすぐ応じてくれたし。すばらしかったですよ。

── のちの「あぶない刑事」や「相棒」など、バディ作品の流れを作ったとも評価されています。

松崎 いや、向こうは渋くてかっこいいから。こっちは変顔はするし、俺のシークレットブーツは「世界一カカトの高い靴の男」だし、まるで別世界(笑)。歌の仕事と並行するのはスケジュールが大変だったけど、とにかく楽しかった。真冬に池に放り込まれたり、土の中に埋められたりで歯がガチガチ鳴ってるけど、それさえも若さの勢いで楽しかったね。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
謎の放置状態で急浮上した「クビになるタレント2人」の「証拠映像」
2
これは見ておくべき!谷まりあ「とんでもない大きさのバスト」を大サービス
3
「仕事がないものですから…」沢田研二が伏せていた「田中裕子との関係」/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
4
プロ野球「隠ぺいされた不協和音」ワースト7(3)原采配のシワ寄せを受ける巨人・坂本勇人
5
渡辺裕之「コロナ首吊り自死」前の奇行証言!「撮影現場で『物がなくなった』と妙なことを…」