スポーツ

ダノンプレミアムの中内田充正調教師に「ニセ経歴」発覚(2)成人向けの教育機関だった!

 さらに取材を進めていくと、中内田師が16年に競馬情報サイト「netkeiba.com」でインタビューに応じている記事を発見した。その中で高校1年の時にアイルランドに渡り、現地の高校に編入したこと。さらに、大学についてはこう語っている。

──大学も向こうですよね?

中内田 そうです。何校か受かってたんですけど、そのうちの1つのイギリスのウエストオックスフォード大学の馬学科というところに行きました。

 このように、過去、中内田師が出身大学を「ウエストオックスフォード大学」と明言しているケースは多々確認でき、厩舎開業前の13年、まだ栗東トレーニングセンター技術調教師時代に、JRAの関係団体の一つ、公益社団法人「競走馬育成協会」の機関紙「いくせい」(2013.51号)のインタビューでは、次のように話している。

〈最初に行ったのがアイルランドなので、リムリック大学に行きたかったのですが、イギリスに競走馬を専攻する大学があるのを知り、そちらに進路変更しました〉

 そしてプロフィール欄には「1996年 英ウエストオックスフォード大学馬学科に入学」とある。

 競馬専門紙記者が話す。

「競走馬育成協会といえば、社台ファームやノーザンファームをはじめ、国内の大半の牧場関係団体が会員です。中内田師の実家の信楽牧場も入会しています。その機関紙で彼の紹介記事を読み、評判どおり優秀なんだなと思ったものです。えっ、その公表している出身校がないんですか? そんなことはありえないでしょう(笑)」

 調査開始から数日後、中内田師の出身学校名は意外なところに明記されていた。厩舎HPには英語版があり、その中で〈Mitsu majored in Equine Business at West Oxfordshire College.〉(ウエスオックスフォードシャーカレッジで馬学を専攻)と、記載されていたのだ。

 では「ウエストオックスフォードシャーカレッジ」とは、どのような学校なのか。メールで問い合わせると、学生課の事務スタッフが丁寧に対応してくれた。

 まず「ウエストオックスフォードシャーカレッジ」は、他の学校と統合され、現在の名称が「Abingdon & Witney College」に変更されていること。そして、質問に対しては「これまで『ウエストオックスフォード大学』の名前で存在した記録はなく、そもそも本学は『Further Education College』(継続教育)、つまり義務教育終了後の、大学を除いた成人向けの教育機関であり、大学ではない」との回答だった。

 同校のHPを見ると、美容や建築などの技術習得から、音楽や写真などの芸術分野の学科まで多種にわたっている。馬学科にしても専門的なコースから初心者向けまでそろっていた。英国の教育事業に詳しい大学関係者が解説する。

「『成人向けの教育機関』とは、日本の専門学校や職業訓練校を指し、『公立カレッジ』と訳すケースもあります。カレッジを大学と訳すには、無理がありますね。『誤解を招くような日本語訳』なんて言い訳は通用しないと思います。英国で学んだ日本人であれば、日本では『大学=University』が一般常識だけに、なおさらです」

 これまで中内田師が話していた「ウエストオックスフォード大学」卒業というのは、真っ赤なウソだったのだ。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
村上信五に「大恥をかかせた」フジテレビにジャニーズが大激怒!?
2
人気女優「セレブ」と金欠くらべてみました(1)石原さとみは“リアル高嶺の花”
3
嵐・松本潤とあの艶系女優が復縁!?インスタに投稿された“意味深”写真とは?
4
カンニング竹山と後輩芸人のガチ喧嘩は放送作家の大失敗だった!?
5
平手友梨奈主演「響 -HIBIKI-」大ヒットは逃すも酷評が驚くほど少ないワケ