スポーツ

天才テリー伊藤対談「山中慎介」(4)山中さんは役者もいけると思います

テリー 今、35歳ですよね。政治家や落語家だったら若手中の若手だし、人生100年としたら、まだ65年も残っていますよ。今後はどうするんですか?

山中 まだ具体的には、何も決めていないんですよ。引退してから、こういった取材も含めて、いろいろと忙しくさせていただいているので、もう少し落ち着いたらちゃんと考えようかなと思っています。

テリー 僕、名案があるんですよ。もう一回リングに上がりましょうよ。

山中 ええっ!?(笑)。でも、本当にそういうボクサー、多いんですよね。ボクシングほど再起する選手が多いスポーツってないと思います。

テリー そうですよ、亀田(興毅)さんも5月に復帰するって言っていましたから。発表前に「僕、今度復帰します」ってメールが来たんですよ。この対談に来てもらった時、あれほど「もう二度とやりません。僕は殴られるのは嫌だ」って言ってたクセに(笑)。

山中 ハハハ、でも気持ちはわからなくないです。ボクシングって、ほんとに不思議なスポーツなんですよね、なぜか中毒性があるんですよ。

テリー でも、試合前は怖いでしょう?

山中 相手に対してというより、自分自身への怖さがありますね。「ちゃんと自分は動けるのか」とか。

テリー それって、実際にリングに上がってからじゃないと、わからないものなんですか?

山中 ええ、いくら練習を積んで調整しても、1ラウンドのゴングが鳴ってからじゃないとわからない部分があります。「あれ、今日はちょっと動きが硬いな」とか。だいたい1ラウンド目は硬いんですけれど、経験を積むと、冷静でいられるようになるんです。

テリー 相手との相性も、試合に大きく影響するんじゃないですか。ネリ選手なんかは、まさにそうだったんじゃないかと思うんですが。

山中 そう言ってくれる方は多いんですけど、相性も含めて、結局は「強いか、弱いか」というところに落ち着くんですよ。それはもうただひと言、僕が弱かったというだけですね。

テリー じゃあ、次はこっちも負けずに体重オーバーしていきましょうよ。

山中 アハハハハ!

テリー あと、役者なんかはどうですか? ガッツ石松さんや赤井英和さん、たこ八郎さんみたいに、ボクサーの方って、あとでいい役者になっているじゃないですか。山中さんも、ちょっとリリー・フランキーさんみたいな雰囲気もありますものね。周りから言われませんか?

山中 ハハハ、確かに何度か言われたことがありますね。でも僕、声が全然通らないので有名なんですよ。

テリー いいんですよ、そのぐらいの味があっても。高倉健さんだって、決して声がいい役者じゃなかったですからね。あとで評価が上がってくると、「あれがいいんだよ」って言われるようになるんです。

山中 なるほど。そういうことも含めて、ゆっくり考えたいと思います。

テリー せっかくの機会ですから、いろいろ挑戦するといいですよ。で、来年にはボクシング復帰と。

山中 そうですね。その時には「テリーさんにあおられたんです」って言いますからね(笑)。

テリー いいですよ。会見する時は必ず教えてくださいよ。僕、横に座りますから(笑)。

山中 ハハハ、その際にはぜひお願いします。

◆テリーからひと言

 俺もひどい男だよ、勝手に復帰の段取りをつけちゃった(笑)。でも、そう思っているファンも絶対多いはずだから。次は復帰会見で会いましょう!

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
石橋貴明もショック?「細かすぎモノマネ」に木梨憲武が出演しない理由
2
松本人志、BTS原爆Tシャツ問題に“号泣マジギレ”も十分ありえた「過去言動」!
3
急落TV美女に「戦力外通告」の非情現場(3)かつてのスーパーアイドル・中山美穂も…
4
大みそか「ガキ使」に「新しい地図」サプライズ出演情報も立ちはだかる壁!
5
急落TV美女に「戦力外通告」の非情現場(1)期待されていた有働由美子だったが…