スポーツ

「打撃絶不調」阪神・ロサリオに金本監督が教えるべき“努力の仕方”

 トラの低迷は打線の低迷につきるが、金本知憲監督にとって、最大の誤算は4番を予定して獲得したウィリン・ロサリオの不振だろう。不動の4番として期待されるも、5月12日の広島戦から打順は5番に下げられ、一度は4番に戻ったが、27日の巨人戦から7番に下げられた。30日に行われたセ・パ交流戦でソフトバンクに敗れた試合では、3打席連続三振に終わった。

「性格はマジメ。不振はオープン戦途中からでしたが、金本監督が『それでも4番』と報道陣の前で言い切ったのを伝え聞き、必死に練習していました。左足を上げるなどの試行錯誤を続けるのもマジメさゆえです」(在阪記者)

 そのマジメさが報われないのはかわいそうだが、努力の仕方にも問題はあるようだ。たとえば、ロサリオの後の5番を任されることが多い福留孝介は目的に応じて、試合前の練習メニューを変えている。

「ティー打撃の練習にしても、目的に応じて変えています。ボールを上げる間隔を短くしてもらい、スイングスピードを高めたり、逆方向に流すティー打撃をやっている日もありました」(前出・在阪記者)

 鳥谷敬にしても、そうだ。全体練習前に自主トレをするのだが、球場入りはいつも1、2番を争うほど早い。それは、若手時代から今日までまったく変わっていない。「準備運動やストレッチに長く時間を掛けるようになったので、むしろ球場入りの時間は早まった」(関係者)との声も聞かれた。

「ライバル球団の巨人・阿部にしても、年齢とともに練習時間はむしろ増えています。瞬発力がスイングスピードを落とさないため、トレーナーにお願いして、個別練習メニューを作成しています」(前出・関係者)

 5月31日時点で、阪神は5勝7敗と巨人に負け越している。ロサリオと阿部、4番の力量差が如実に表れた結果だろう。単にバットを振るよりも、目的に応じて練習メニューを変えたほうがよほど効率もいい。金本監督はロサリオに「努力の仕方」を教えてやるべきだ。

(スポーツライター・飯山満)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
嵐・相葉主演ドラマが爆死状態で“なりふり構わぬテコ入れ作戦”始まった!
2
関ジャニ大倉、ファンからカバンに「使用後肌着」大量入れられ被害の“苦悩”
3
今年もダウンタウンが「嫌いな芸人」1位!選出される“キーワード”とは?
4
新垣結衣があの新婚女優に見える瞬間?「けもなれ」でささやかれる珍現象
5
本田翼、「あざとすぎるCMダンス」に業界から「やっちまったな」の声!