スポーツ

プロ野球「灼夏のストーブリーグ」(1)落合博満氏の球界復帰は近い?

 後半戦に突入したプロ野球はグラウンドだけでなく、舞台裏もヒートアップしている。熱いシーズンの佳境はこれからだというのに、すでにストーブリーグさながらの話題が球界を席巻しているのである。

 2017年1月限りで中日ドラゴンズのGMを退任して以来、静かだった落合博満氏(64)の動きが活発になっている。ここ最近になって突然、テレビ出演を繰り返しているのだ。7月14日放送の日本テレビ系「世界一受けたい授業」に“先生役”で登場すれば、翌15日放送のテレビ朝日系「ビートたけしのTVタックル」でもゲストコメンテーターとして熱弁をふるった。

 GM時代にコストカッターとして猪突猛進するあまり、著しく低下した評価も、テレビ番組で持ち前の鋭い舌鋒で卓越した野球理論を口にすることでV字回復。ネット上でも「さすがは落合」などと称賛の書き込みが数多く散見される。球界復帰待望論が沸き起こりつつあるのだ。

 球界関係者によれば、「この流れこそ落合サイドの思惑どおり」だという。

「落合氏は中日の監督を退任した11年オフ以降、講演活動で引っ張りだこでした。ところが、GM退任以降は仕事のオファーが減り、講演会も極端に減少していった。結果、球界復帰を果たしたいという本人の意欲が高まったんです」

 そのためには球界の重鎮として存在感を示す必要があり、メディア出演を積極的に推し進めたというのだ。

「今年の春先から、『落合さんを使いませんか』という打診が広告代理店から入るようになったんです。とはいえ、そもそも落合氏のギャラは、番組出演や講演でオファーをかける際、『1本(100万円)が最低ライン』と言われるほど高額だった。そのため、呼ぶのをためらわれていたのですが、代理店が『ディスカウントしてもいいです』と持ちかけてきたんです。今では交渉しだいで半分どころか、3分の1程度でも出演をOKしてくれると言われています」(民放局関係者)

 しかも受ける仕事は「野球限定」と徹底し、イメージ作りに万全を期しているという。

 中日の監督を辞めてから実に6年半以上も時がたち、講演会でも球界復帰への未練を漂わせる意味深な言葉を時々発してきたが、やはり野球人としての血が騒いでしかたがないようだ。監督在任8年で全てAクラス入り、4度のリーグ優勝を成し遂げた名将は今オフ、どこかの球団から就任オファーがかかることを待ち望んでいる。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
吉澤ひとみ、「飲酒ひき逃げで実刑」後に待っている“地獄”の全容とは?
2
吉澤ひとみ逮捕の「タチの悪さ」で業界関係者が元モー娘。“苦い記憶”を暴露!
3
芸能男女がひた隠す「積年遺恨」18ラウンド(4)柳葉敏郎は酒癖の悪さが災いして…
4
嵐・松本潤とあの艶系女優が復縁!?インスタに投稿された“意味深”写真とは?
5
関ジャニ∞・錦戸亮、「西郷どん」放送中に不貞&妊娠騒動でNHK追放の危機!