芸能

「人気絶頂」博多華丸・大吉“地獄を見た”大吉を救ったのは岡村隆史だった!

 今年4月、V6・井ノ原快彦の後を継いで、朝の情報番組「あさイチ」(NHK)の司会者となった博多華丸・大吉は今、ノリに乗っている。雑誌「日経エンタテインメント!」が発表した「タレントパワーランキング2018」では、芸人部門でサンドウィッチマンに続いて、第2位。華丸は個人で4位につけており、タモリや明石家さんま、ウッチャンナンチャンやダウンタウンといったレジェンドを抑えた。

 今や朝帯から深夜帯まで、マルチに対応できる芸人といえよう。

「デビューした1990年当時、華大は九州、同期のナインティナインは大阪ですさまじい人気でした。大吉と岡村隆史は同じ年ですが、人気・実力は岡村が圧倒的に勝っていた。26歳の時、大吉は“地獄”を見ます。MCを務めていた番組が事務所に許可を得ないまま長期海外留学させるという企画を行い、局と事務所がトラブルになってしまいます。これによって大吉は1年間、自宅謹慎になりました。」(エンタメ誌ライター)

 この間、大吉は深夜にひっそりとレンタルビデオ屋でアルバイトをする生活が続く。それ以外はアパートにこもって、漫才のネタを書いていた。芸人復帰をあきらめかけた時、テレビに映っていたのは、同期の岡村。トップアイドルのSMAP中居正広と、フジテレビのゴールデンタイムで大爆笑をかっさらっていた。

「大吉が観たのは、97年10月4日にオンエアされた『めちゃ×2イケてるッ!!』の“岡村オファーシリーズ第1弾”。SMAPの大阪ドーム(現・京セラドーム)のコンサート会場に、岡村さんがジャニーズJr.のバックダンサーとして潜入。最終的には、中居さんのソロ曲『みんな1人じゃないのだ!?』を、せり上がったメインステージで歌って踊りました」(前出・エンタメ誌ライター)

 何万人もの黄色い歓声の中で熱唱する岡村を観た大吉は、涙が止まらなかったという。しかし、この8年後、華丸がピン芸人日本一を決める「R-1ぐらんぷり2005」で、悲願の初優勝。コンビでは「THE MANZAI 2014 ~年間最強漫才師決定トーナメント!~栄光の決勝大会~」で優勝。あのビートたけしが絶賛した。

 おっさんずコンビ、博多華丸・大吉。“めちゃイケ”で味わった屈辱は今、立派に晴らしている。

(北村ともこ)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
森七菜、新CM動画“脱ぎシーン”でついに現れた爆裂バスト輪郭が大反響!
2
加藤綾子が“入れられる直前”ベッド姿を公開!すっぴん不安顔にファン騒然
3
広瀬すず「橋本環奈NG」解除の背水事情(1)格の違いで「相手にならないよ」
4
胸の先見えそう!ローラがシャツはだけショットを公開も「あざとい」評のワケ
5
大江麻理子、プリンプリン桃型ヒップと腰つきがヤバイ!“フェロモン爆発度”