芸能

「人気絶頂」博多華丸・大吉“地獄を見た”大吉を救ったのは岡村隆史だった!

 今年4月、V6・井ノ原快彦の後を継いで、朝の情報番組「あさイチ」(NHK)の司会者となった博多華丸・大吉は今、ノリに乗っている。雑誌「日経エンタテインメント!」が発表した「タレントパワーランキング2018」では、芸人部門でサンドウィッチマンに続いて、第2位。華丸は個人で4位につけており、タモリや明石家さんま、ウッチャンナンチャンやダウンタウンといったレジェンドを抑えた。

 今や朝帯から深夜帯まで、マルチに対応できる芸人といえよう。

「デビューした1990年当時、華大は九州、同期のナインティナインは大阪ですさまじい人気でした。大吉と岡村隆史は同じ年ですが、人気・実力は岡村が圧倒的に勝っていた。26歳の時、大吉は“地獄”を見ます。MCを務めていた番組が事務所に許可を得ないまま長期海外留学させるという企画を行い、局と事務所がトラブルになってしまいます。これによって大吉は1年間、自宅謹慎になりました。」(エンタメ誌ライター)

 この間、大吉は深夜にひっそりとレンタルビデオ屋でアルバイトをする生活が続く。それ以外はアパートにこもって、漫才のネタを書いていた。芸人復帰をあきらめかけた時、テレビに映っていたのは、同期の岡村。トップアイドルのSMAP中居正広と、フジテレビのゴールデンタイムで大爆笑をかっさらっていた。

「大吉が観たのは、97年10月4日にオンエアされた『めちゃ×2イケてるッ!!』の“岡村オファーシリーズ第1弾”。SMAPの大阪ドーム(現・京セラドーム)のコンサート会場に、岡村さんがジャニーズJr.のバックダンサーとして潜入。最終的には、中居さんのソロ曲『みんな1人じゃないのだ!?』を、せり上がったメインステージで歌って踊りました」(前出・エンタメ誌ライター)

 何万人もの黄色い歓声の中で熱唱する岡村を観た大吉は、涙が止まらなかったという。しかし、この8年後、華丸がピン芸人日本一を決める「R-1ぐらんぷり2005」で、悲願の初優勝。コンビでは「THE MANZAI 2014 ~年間最強漫才師決定トーナメント!~栄光の決勝大会~」で優勝。あのビートたけしが絶賛した。

 おっさんずコンビ、博多華丸・大吉。“めちゃイケ”で味わった屈辱は今、立派に晴らしている。

(北村ともこ)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
オリラジ中田、“ファン恫喝&儲け自慢で先輩愚弄”に「だから嫌われる」の声
2
テレ朝・弘中綾香、「酒宴で男性に“未経験”問い詰め」報道に逆にファン歓喜
3
加藤浩次、「笹崎里菜アナを“夜の商売”イジリ」で浴びた激賞!
4
剛力彩芽の次は黒木華…映画版「ビブリア古書堂」に原作ファンが2度目の涙
5
視聴率も微妙!「下町ロケット」に視聴者から批判が殺到しているワケ