スポーツ

サンスポ水戸正晴の「絶対万券」論「穴はハーレムラインの変わり身」

 先のスプリンターズSがその序章だとすれば、今週のメイン、秋華賞が本格的なGIシーズンの開幕となる。女心と秋の空──とは何事も移ろいやすく不確かである例えだが、このGIで絶対視されている桜花賞、オークスの2冠馬アーモンドアイに疑いの目を向けるのは、ほぼ無意味ではなかろうか。

 競馬をなりわいにして四十数年になるが、これほどまでに注文をつけることがなく、完璧と言えるような牝馬に巡り合ったことは初めてと言っていい。

 あらゆることは相対的だから、これまでの名牝、女傑が現役であったなら、という比較は許されていい。しかし実際に顔を合わせるのは不可能なのだから、これまた「あの馬のほうが強かった」と言うのもバカげている。いやはや、本当に強い。なので穴党の当欄としても、重箱の隅を楊枝でほじくるマネはできない。そもそも徒労である。

 確かに、どんなに強くて力量に大きな開きがあったとしても、肝心の仕上がり状態に問題があるのなら、つけいる隙は大いにある。だが、オークス以来5カ月ぶりの実戦とはいえ、その前走後、放牧でリフレッシュ。そのうえでここを目標に逆算されて体調を整えてきた。乗り込み量は実に豊富で、ここ1カ月ほどの稽古の動きは、まず、言うことなし。1週前の追い切りも抜群で、総仕上げになんら抜かりはない。

 バランスの取れた好馬体で、滑らかでいて躍動感たっぷりな走り。サラブレッドとして、とにかく非の打ちどころがない、マレなる一頭と言っていい。

 競馬は“生き物”ゆえ、不利を被るなどレース中のアクシデントもないとは言えず、「絶対」とは言い切れないが、しかしここは素直に「2着探し」の一戦と見るべきではなかろうか。

 02年に馬単が導入されてから、これまでの16年間、その馬単での万馬券は1回(馬連1回)のみ。この間、ファインモーション、スティルインラブ、スイープトウショウ、ダイワスカーレット、ジェンティルドンナなど、勝ち馬は、その後の活躍も目覚ましい。であれば、ますます不動の存在に見えてくるではないか。

 では2着候補、その筆頭とすべきは、どの馬か。まず、阪神でのトライアル、ローズSの1、2着馬カンタービレサラキアを挙げなければいけないが、アーモンドアイの最強のライバルであるラッキーライラックを含めて、人気、有力どころではおもしろくない。

 意外と思われるだろうが、最右翼とみているのはハーレムラインである。

 未勝利を勝つまで5戦を要したが、それから3連勝。桜花賞でも穴馬候補として名が挙がったが、さすがに使いづめの疲労から14着と大敗に終わった。が、そのあとオークスに向かわず放牧、休養に充てたのが正解、功を奏した。

 5カ月ぶりの実戦となった前走の紫苑Sは5着に敗れはしたが、春とは見違えるほど、すばらしい馬体に成長して戦列に戻ってきてくれた。

 田中清調教師も「久々で調整もイマイチ。折り合いを欠く場面もあり、悲観する内容ではなかった」と前走を振り返ったうえで、「心身ともにたくましくなった。変わり身が見込める本番は楽しみ」と、ヤル気をにじませる。

 なるほど、中間の稽古の動きは軽快かつリズミカル。仕上がり状態のよさは明らかだ。

 近親にトウカイポイント(マイルCS)、名牝ダイナカール(オークス)がいる良血。恐らく2、3番手につけての競馬と思われるが、京都の内回りだけに、先行策でアッと言わせるシーンがあっても不思議はない。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
やはり新垣結衣は175センチ?満員電車のシーンで身長がバレた!
2
NHK紅白、「ハラスメント部長停職処分」であの国民的女優が“司会白紙”へ!?
3
高橋一生の新ドラマ、話が退屈過ぎて「見どころはアノ芸人の演技だけ」の声
4
有働由美子「news zero」の“バラエティ化”に視聴者の「失望の声」続々!
5
「坂道」両エースは強気!? 乃木坂46齋藤飛鳥、主演映画の監督に“容赦なき発言”