スポーツ

ドラフト直前!原巨人が「吉田輝星を回避」情報の内幕とは?

 今年のドラフト、最も注目を浴びているのは、やはり夏の甲子園で快投を繰り広げ、チームを準優勝に導いた金足農業高校の吉田輝星だろう。

 一度は決めていた八戸学院大への進学も取りやめ、プロ志望届を提出。大争奪戦は必至とみられていた。ところが、相思相愛と見られていた巨人が方針転換したのである。

 吉田は夏の甲子園大会を終えて地元・秋田へ凱旋した際、報道陣に「巨人に行きたいです」とコメント。まさかの“G逆指名”にマスコミは色めき立ち、巨人側も水面下で本格調査を開始した。150キロを超えるストレートを主軸にスライダー、カーブなどの変化球も切れ味、制球力ともに抜群。高校生ながらうまくいけば即戦力としても計算が立ちそうな力量に加え、長年のスター不足に嘆く背景を考えても巨人としては喉から手が出るほど欲しい存在だったはずだ。

 実際に巨人側の編成部門関係者は一部担当記者にオフレコで「よほどのことがない限り、吉田で行くことになるだろう」と漏らしていた。しかし、その「よほどのこと」が起こってしまったのである。

 高橋由伸監督の辞任だ。10月上旬、指揮官が今季限りで突然身を引くことになり、代わって前監督・原辰徳氏の再々登板が決まると、編成担当者たちは慌てた。その時の舞台裏について、球団関係者は次のように明かす。

「2002年から03年までの原第一次政権でヘッドコーチを務めていた際、確執が生まれた鹿取義隆GMが今回、事実上の解任。そして第二次政権下でやはりヘッドコーチを務めながらも当時の清武GMのスパイとされギクシャクしていた岡崎郁スカウト部長の異動も決まりました。それまで編成の指揮を執っていたツートップがドラフト前にいきなりいなくなったんです。そして何の前触れもなく『吉田ではなく大坂桐蔭の根尾でいく方針』という話が上から降りてきた。間違いなく原さんの意向で、意地でもアンチ派の意向を受け入れたくなかったのでしょう」

 こうした、テレビ・新聞が報じないドラフト会議直前の駆け引きを、10月23日発売のアサヒ芸能11月1日号で詳報している。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
松本人志の居ぬ間に中山秀征…芸人たちが「実はスゴイ人」異常な絶賛の「あぁ不思議」
2
【雨予報のGI宝塚記念】ドウデュースは大敗!重馬場で急浮上する「この3頭」のウハウハ適性
3
「青春18きっぷ」夏季用がようやく発売でも消えない「冬季販売中止」の不穏な背景
4
元楽天・安楽智大が来季「日本球界に逆輸入される」メキシカンリーグでの「標高2200メートル投球」
5
「山口組のキッシンジャー」が体現した哲学! ヤクザの「平和共存」は方便などではなかった