スポーツ

ドラフト直前!原巨人が「吉田輝星を回避」情報の内幕とは?

 今年のドラフト、最も注目を浴びているのは、やはり夏の甲子園で快投を繰り広げ、チームを準優勝に導いた金足農業高校の吉田輝星だろう。

 一度は決めていた八戸学院大への進学も取りやめ、プロ志望届を提出。大争奪戦は必至とみられていた。ところが、相思相愛と見られていた巨人が方針転換したのである。

 吉田は夏の甲子園大会を終えて地元・秋田へ凱旋した際、報道陣に「巨人に行きたいです」とコメント。まさかの“G逆指名”にマスコミは色めき立ち、巨人側も水面下で本格調査を開始した。150キロを超えるストレートを主軸にスライダー、カーブなどの変化球も切れ味、制球力ともに抜群。高校生ながらうまくいけば即戦力としても計算が立ちそうな力量に加え、長年のスター不足に嘆く背景を考えても巨人としては喉から手が出るほど欲しい存在だったはずだ。

 実際に巨人側の編成部門関係者は一部担当記者にオフレコで「よほどのことがない限り、吉田で行くことになるだろう」と漏らしていた。しかし、その「よほどのこと」が起こってしまったのである。

 高橋由伸監督の辞任だ。10月上旬、指揮官が今季限りで突然身を引くことになり、代わって前監督・原辰徳氏の再々登板が決まると、編成担当者たちは慌てた。その時の舞台裏について、球団関係者は次のように明かす。

「2002年から03年までの原第一次政権でヘッドコーチを務めていた際、確執が生まれた鹿取義隆GMが今回、事実上の解任。そして第二次政権下でやはりヘッドコーチを務めながらも当時の清武GMのスパイとされギクシャクしていた岡崎郁スカウト部長の異動も決まりました。それまで編成の指揮を執っていたツートップがドラフト前にいきなりいなくなったんです。そして何の前触れもなく『吉田ではなく大坂桐蔭の根尾でいく方針』という話が上から降りてきた。間違いなく原さんの意向で、意地でもアンチ派の意向を受け入れたくなかったのでしょう」

 こうした、テレビ・新聞が報じないドラフト会議直前の駆け引きを、10月23日発売のアサヒ芸能11月1日号で詳報している。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
秋ドラマ「ドクターX」、新キャスト発表で視聴者期待値爆上がりの「ポイント」
2
馬場ふみか、「裏サービス店で胸揉みほぐされ」艶技に男性視聴者が釘付け!
3
「モヤさま」で放送事故寸前!?田中瞳の股奥披露に垣間見える“したたかさ”
4
蘇る“朝ドラ女優”の艶演技(1)闇夜の一人プレイで豪快に果てた尾野真千子
5
二階堂ふみ「情熱バスト」で宮沢りえ、沢尻エリカを圧倒も懸念される材料とは?