スポーツ

連勝スタートの矢野阪神にアニキ金本前監督が「急接近」のワケ!

 新生・矢野阪神は連勝スタートを飾った。続く3戦目では競り負けし、まだまだ安心はできないが、開幕戦の連勝した2試合とも投手陣が最小得点差を守った。オープン戦で湿りがちだった打線が奮起すれば、Aクラス争いも十分できそうである。そんな期待の持てた阪神に対し、前任者・金本知憲氏が選手たちとのつながりを強調し始めた。

「衛星放送・スカパーのプロ野球中継の宣伝CMに、金本氏が登場しました。阪神監督を退いた後、自身の野球殿堂入りを祝うパーティーには姿を見せましたが、表舞台にはあまり出ようとしなかったので、野球ファンにはインパクトのあるCMになったようです」(スポーツ紙記者)

 その金本氏が、矢野阪神について語り始めたのだ。退任当初は選手との交流はないと話していた。しかし、先のCM収録後の会見では「(監督を)辞めた後も若い選手を中心にいっしょに食事に行った。その後、8人くらいがうちに来て二次会を開いた。時計やらジャンパーやらいろいろ持ってかれたけど」と、親密、かつ良好な関係を強調していた。

「金本氏が監督として采配を奮った最後の2018年は、ベンチの雰囲気も良くありませんでした。金本監督のイライラが蔓延し、若い選手はミスを恐れ、萎縮していました。その時の様子からして、自宅で二次会を開くなんて考えられない」(在阪記者)

 金本氏が阪神との親密関係を公表したことに対し、こんな見方もされている。

「星野仙一氏で優勝したとき、阪神フロントは前任者の野村克也氏を持ち上げていました。野村時代に選手を育て、それを星野監督が受け継いで優勝した、という図式をアピールしたんです。野村氏のこれまでの実績に対する敬意から、そして、この先もいがみ合ったままだとマズイと思って、阪神が先手を打ってそういう発言をしたんです」(前出・在阪記者)

 金本氏の若手との親密ぶりに、驚いた取材陣も少なくなかった。しかし、これは球団サイドが仕掛けたものではない。4番の大山、二塁の定位置を獲った糸原などは金本政権で頭角を表した若手である。それはアンチ金本派も認めている。今回の親密発言は、矢野阪神が優勝した時に備え、金本氏みずからが売り込んだもののようだ。

(スポーツライター・飯山満)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「ヤリ投げ投法」で故障離脱のドジャース・山本由伸に「球団が契約破棄できるオプトアウト条項」あり
2
しれっと復帰の三浦瑠麗さん、「6.21地上波テレビ出演」の渡部建に「鋼のメンタル」を与えてやって!
3
鉄道ファン騒然「青春18きっぷ」夏用の販売中止を裏付ける「決定的証拠」が出た!
4
日本代表GKが明かした「静岡名物監督」の激ヤバ破天荒「負けたら選手を罵倒した」
5
リーグ戦再開でも騒がしい「しんどいから今年で退任」阪神・岡田彰布監督の取り扱い問題