スポーツ

侍ジャパン「米国のスパイ」に見抜かれた弱点(3)「コージ・ヤマモト? 誰?」

 韓国現地メディアもヒートアップしている。「中央日報」では、同じ「スモールベースボール」を掲げながら、日韓には大きな違いがあるとし、山本浩二監督(66)の代表選出をやり玉にあげていた。いわく、両リーグの盗塁王、大島と聖澤を落選させたことで、〈積極的な走塁プレーが必要な状況で走れる選手が少ないというのは、日本代表の弱点となる可能性もある〉と指摘。〈山本監督のスモールベースボールは1点を取るのも苦労しそうだ〉と断罪したのである。

 侍ジャパンで昨季20盗塁以上したのは、本多雄一(28)、糸井嘉男(31)、長野久義(28)の3名のみ。44盗塁した李イ容ヨン圭ギュを含む6名をそろえた韓国代表とは、戦術面で違いが出そうだ。

 さらに気になるのは、ほかならぬ山本監督が、世界と対峙するオーラを感じさせないことである。

 韓国プロ野球専門のジャーナリスト・室井昌也氏が言う。

「2月18日に韓国代表の柳仲逸〈リュジュンイル〉監督(49)に山本監督の年齢を聞かれて、『星野仙一さんと同い年だ』と教えたところ、『そんな年なのか。どういう選手だった?』と逆取材されたので、広島のスター選手だったことを伝えたのですが、『ああ、そう』と‥‥」

 お隣の韓国でこの知名度なのだから、メジャー球界でまったく無名なのは当然だろう。

「トーリ監督は、山本監督の就任が決まった際に『コージ・ヤマモト? 誰?』と首をかしげたそうです。ラーキン監督も『申し訳ないが、あまり知らない』と同様の反応で、のちに公式コメントを発表した時には2人とも知っていたふうに持ち上げていましたが、“上から目線”は明らか。サダハル・オーやタツノリ・ハラよりも、飲んでかかられる可能性が高まっている」(前出・WBC担当記者)

 選手のデータはダダ漏れし、監督の神通力も通用しない‥‥。何とも不吉な行く末が案じられるが、こんな声もある。

「米メディアいわく『日本球界の原点は“ナショナル・ハイスクール・ベースボール・トーナメント(高校野球)”』なだけに、甲子園で過酷な一発勝負に慣れた日本が、結局はWBCでは有利との分析が出ているんです」(前出・スポーツライター)

 そう、王者がライバルたちの分析や挑発にビビる必要はない。自分たちの野球ができれば3連覇‥‥と信じたいものだ。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
テレ東・角谷暁子、ニットがキツそう!まん丸“お椀バスト”がまた進化!?
2
広瀬すず「橋本環奈NG」解除の背水事情(1)格の違いで「相手にならないよ」
3
森七菜、新CM動画“脱ぎシーン”でついに現れた爆裂バスト輪郭が大反響!
4
新垣結衣、大河ドラマ“初出演”に飛び交う「アノ穴はどうする?」の憶測
5
太川陽介がAmiに怒りをあらわにした瞬間!バス旅で見せた“激情素顔”