芸能

天才テリー伊藤対談「手島優」(3)前の彼氏が淡白で…

テリー そんなキャラの手島だけど、恋愛のほうはどう?

手島 今、彼氏はいないですね。1年ぐらい前まで、一般の人と5年つきあっていたんですけれど‥‥。

テリー あれ、じゃあ夜の営みは?

手島 それからずっとしていないです。ヒゲ生えてきましたよ、噂には聞いていましたけれど、本当に生えるんだと思って(苦笑)。

テリー 5年もつきあっていたら、その男性との結婚も考えた?

手島 考えたこともありましたけれど、「このまま一緒にいても未来が見えないね」って自然消滅した感じです。

テリー ということは、その男は手島の体が目的だったんだ。

手島 いえ、逆に大して手も出してもらえなかったんですよ。誘っても「えー‥‥」みたいな感じだから、こっちが欲求不満になっちゃって。

テリー ええっ、このオッパイをしてもダメなの?

手島 私もそう思いましたよ、「このオッパイだよ?」って(笑)。もともと、あまり性欲がない人とは知っていたんですが‥‥。

テリー 性欲はあったほうがいいんじゃないの。

手島 ええ、そうなんですけれど、当時は体目当ての人ばかりが寄って来て、うんざりしていたこともあったんです。

テリー なら、セクシーな下着を着たりして、手島から誘うしかないよな。

手島 それ、やりました! 彼が家に遊びに来て、食事したりお酒飲んだり、テレビを見たりしていたら、普通だったらそういうムードになるじゃないですか。

テリー そうだな、その時を今か今かと待っていて。

手島 でも、全然無視されて‥‥泣きたくなっちゃいました。

テリー とはいえ、最終的には寝室へ行くでしょう。

手島 はい。でもそこで「キタ!」と思っても、ベッドに入るとそっぽを向かれて、「酔ったから眠い」とか言ってずっと携帯をいじって、そのまま何事もなく朝を迎えるんですよ。

テリー わー、ひどいな。じゃあ、もうそこでオナニーするしかないじゃん。

手島 いえいえ、さすがに彼が帰ってからシテいましたけど。

テリー さらに、そこからまた1年も体を触られていなかったら、ガマンできないよな。オナニー、今もやっているだろう?

手島 ヘヘヘ、実はそうなんです。

テリー 男はそういう時、AVとかエロ本を使ってしたりするけど、手島はどうなの?

手島 私はシチュエーションを妄想しながら、していますね。

テリー ほう、例えばどういう設定なの。

手島 イケメンの男優さんに出演してもらうことが多くて(笑)。例えば、学校のシチュエーションでは、俳優さんが理科の先生、私はその生徒で‥‥。

テリー フフフ、その設定は無理がありすぎるけど。

手島 妄想だからいいんです! それで私が放課後、理科の実験室を掃除していたら、急に後ろから先生に抱きつかれるんです。最初は「やめてください!」って拒否しているんですけれど「ずっと好きだったよ」とささやかれるうちに力が抜けていって、どんどん服を脱がされていくんです。ビーカーなんかをガチャンと割りながら、机に体を倒されて‥‥みたいな。

テリー ‥‥お前、バカだなァ(笑)。ちなみに、想像する相手は知り合いの人なの?

手島 あ、知り合いは避けています。面識があると生々しくて、かえって集中できないんですよ(笑)。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
誰トク?MAXのLINA、「14歳で30歳の男と交際」告白に、厳しい声殺到
2
「後ろから突きたい!」岡副麻希、猫伸びポーズにまたも妄想爆発の声殺到!
3
岡田奈々を襲った暴漢を塀の中で制裁!安部譲二が遺した怒りと男の純情
4
蘇る“朝ドラ女優”の艶演技(4)大量の“潮”まで見せた清水美沙の女優魂
5
松本人志は許すのか?「ガキ使」霜降りせいやの七変化に批判殺到のワケ