政治

石原慎太郎、「夢は小さく副総理」老醜怪気炎(3)橋下氏の参院選出馬の障壁

 連日のように石原氏が上げる怪気炎が現実的ではない。

 先に触れたように、安倍内閣は憲法改正を参院選前に持ち出す可能性は低い。となれば、連立のパートナー・公明党が難色を示す中で一番人気の自民党が争点にすることは考えにくい。

 さらに、ジャーナリストの鈴木哲夫氏はこう話す。

「本当に争点になったとしても、安倍内閣と完全にダブってしまいます。自公過半数獲得阻止をうたう維新の会としては、有権者に自公との違いを訴えにくくなり、選挙戦を不利にする可能性もあります」

 国民的関心事とまでは言えない憲法改正が争点では、橋下氏を総理にするどころか、維新の会が与党の一員になることすら難しくなりかねないのだ。

 そして、何より橋下氏を総理にするには、国政に進出させなくてはならない。石原氏は盛んに参院選出馬を促す発言をしているが、これも簡単ではない。

「『大阪都構想』をブチ上げている橋下氏が改革半ばで市政を放り出すわけにはいきません。大阪の市民が納得できる後継者を立てるという方法もありますが、すでに全国的な知名度があるアナウンサーには断られたそうです。さらには、大阪府知事である維新の会・松井一郎幹事長(49)との関係も障壁となるのではないでしょうか。松井氏は自民党に近い保守政治家、橋下氏はアンチ既存政党の立場と色合いこそ違いますが、やはりこれまで二人三脚でやってきたという事実に変わりはない。橋下氏も恩義を感じている。その松井氏を置いて、我先に国政へとはいかないでしょう」(前出・鈴木氏)

 党大会で石原氏に出馬を促された橋下氏は、その場を笑顔でごまかした。「2万%ない」と言ったあとに大阪府知事選に出馬した過去もある。何が起こるかはわからない‥‥。

 しかし、前出・政治部デスクは橋下氏の真意をこう読み解くのだ。

「橋下氏と石原氏の信頼関係は本物と見て間違いありません。そして、橋下氏にも総理になるという野望があるはずです。ただし、理論上は可能だが参院議員から総理になった政治家はいません。それならば、橋下氏は衆院議員として、国政進出したほうがいいに決まっている。安倍内閣が順調に国政運営をしている現状で、少なくとも3年間は衆院選は行われないと思われます。病気になり、あとがない石原氏にしてみれば、参院選に出てほしいのでしょうが、橋下氏は年齢から考えても、次の衆院選に出たほうが得策です。残念ながら、石原氏の願いはかなえられそうにありません」

 もはや、石原氏の野望も現実的に規模縮小せざるをえない。そうした最中に、「暴走老人」の異名よろしく威勢のいい言葉を発し続けるのは、老醜と見られてもしかたがないのである。

カテゴリー: 政治   タグ: , , , , , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
大久保博元が明かした巨人大失敗の内情…原辰徳前監督は「常に無茶振りばっかり」
2
中田英寿が中村俊輔の引退試合に出場しなかった理由を盟友・城彰二が告白
3
大谷翔平の結婚相手特定に「元バスケ選手」急浮上…「キャンプ地で見守る女性」衝撃動画
4
ベタ惚れ「錦鯉・渡辺隆+大島由香里」まさかのカップル誕生に涙する「あの女芸人」
5
中日ドラゴンズを低迷させた「タニマチと夜の活動」「儲かるゴルフコンペ」選手をダメにする文化