スポーツ

現役執着の一方で…松坂大輔が「引退なら高校野球の監督やりたい」吐露した!?

「世論で決めたりはしない。球団の都合で決める」

 中日ドラゴンズ・白井文吾オーナーが松坂大輔の去就についてこう語ったのは、9月17日だった。ただし、すでに加藤宏幸球団代表が松坂との直接会談を終えており、「日本球界にとって大事な選手」とこれまでの実績に敬意を評していたものの、“その場で、遠回しにクビを宣告されたのでは”というのが周囲の一致した見方だ。

 松坂の去就は友人、知人も心配しているが、本人から出てくる言葉は、「まだ燃え尽きていない」の一点張りだという。どうやら松坂は先発ローテーションに復帰し、シーズンを通じてバリバリに投げ続けるところを目指しているようだ。

 しかし、周辺関係者らが言葉を変えて「引退後はどうするつもりなのか?」と質問すると、なんと“(指導者を)やるんだったら高校野球の監督!”などと答えたという話がある。

 プロアマの規定が緩和され、現在は教員免許を取得しなくても高校野球の指導者になれる。しかし、松坂の母校・横浜高校は、前監督の渡辺元智氏が見込んだ平田徹監督がすでに後継者として就いており、母校帰還は果たせないだろう。

「規定緩和はされましたが、高野連は“元プロ選手の指導者復帰を斡旋する”とは言っていません。雇用を決めるのは、あくまで各学校の経営者。相手がたとえ天下の松坂であっても、部活動の指導しかできない学校職員を増やす経営的余裕はありませんよ」(アマチュア野球記者)

「燃え尽きていない」発言も、見方を変えれば、ただのワガママ。高校野球の本筋は人間形成の教育であって、プロ野球選手の養成所ではない。もし高校野球の監督を夢見ているのが事実であれば、チャンスをくれた中日に恩返しをし、ソフトバンクにも詫びを入れるべきだと思うが…。

(スポーツライター・飯山満)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
小西真奈美、美しすぎる逆光バストショットに絶賛の声!サイズもアップか!?
2
ホラン千秋、「Nスタ」“Dカップ無双”が止まらない!ニットバストに絶賛の嵐
3
深田恭子、「サーフボード手入れ中」水着姿公開でファンが「さすが!」大歓喜
4
アンタッチャブル柴田“タメ口タレントってどうなの?”発言にネット大喝采
5
太川陽介が「バス旅」で痛恨のミス連発!旅番組引退の危機も?