芸能

あの「日活ロマン映画美女」直撃(1)原悦子「ハードコア強要で卒業を決意」

 70年代後半、世の男子学生の青春そのものとして、愛らしい存在感を発揮した女優・原悦子(63)。現在も変わらぬ可憐さを保つ彼女が語る、「ロマン映画」秘話を─。

 19歳から1年間、大映の第一演技研究所で演技レッスンを受け、女優への道を歩み始めた。

「並行して『平凡パンチ』誌でメイトガールとしてグラビア活動もしていました。載るたびに、じわじわと大学生のファンが増えていった実感がありましたね」

 76年にはピンク映画から出演オファーを受ける。

「すべてを引っくるめて“女優の仕事”なので、女優を志した瞬間から覚悟は持っていました。ベッドシーンの演技もそう。他の芝居と何も変わりませんよ」

 ナースや若妻、女子大生などを演じると、その魅力的な演技が口コミで広がって出演本数を重ね、メイトガールとしての人気も絶頂を極めた。

「何も考えられないくらい忙しかったです。映画撮影に新聞や雑誌の取材、『平凡パンチ』の全国イベント─。スケジュール表を見ると食事やトイレの時間もないほど分刻み。どこに行くのか聞く間もなく、車で全国に連れていかれました(笑)」

 原の人気ぶりを象徴する、こんなエピソードがある。

「78年、日劇ミュージックホールで主演舞台を踏みましたが、日劇の周りをお客さんが3周半も取り巻いていたんです。あの光景、写真に撮ればよかった! 興行成績は、人気コメディアンだったトニー谷さんに次ぐ2位だったそうです」

 80年にデビューした松田聖子が「ファンの数が1万人になった」と喜んでいた頃、原のファンクラブ会員はすでに70万人を超えていたという。

「大学の学園祭出演のオファーも多数ありました。スケジュールを理由にお断りしたくなかったので、なるべく多くの大学に顔を出したいと思い、5分だけ出演して次の大学へ、を繰り返し、1日6校回った日も。そうしたら『学園祭クイーン』に選ばれ、NHKのニュース番組で報じられました」

 大忙しの一方で、プライベートはシンプルだった。

「いい事務所で、映画のギャラは100%いただいたし、固定給ももらっていました。でも、普通の生活を変えたくなかったので、母に任せほぼすべて貯金。唯一のぜいたく品は、母の判断で購入した総絞りの本振袖です。でも結局、着る機会がなく、桐タンスにしまわれたまま(笑)」

 また、事務所から課せられた「恋愛禁止」を忠実に守り、スキャンダルも一切なかった。

「『人の車に乗ってはいけない』なんて決まりを守っていました(笑)。私自身、恋愛よりも一生懸命に仕事をすることが楽しかったですしね」

 80年には一般映画「おさな妻」(日活)に出演、女性人気も獲得。試写会に来た半数は女性で占められていたという。そんな中、日活からよりハードな路線を求められる。

「私にはできないからと、しばらく日活の作品は出ないことに決め、単発でテレビドラマなどに出演していました」

 その後、ほどなく女優を休業したのは、大学生向けのミニコミ情報誌「カレッジ・コミュニティ」を立ち上げ、制作に専念したかったからだという。

 現在は、学童指導員の資格を取得し、週4、5日、小学生を相手に奮闘中だ。

「数年前、『自分がやりたいことって何だろう?』と、あらためて振り返り、『子供と接する仕事だ』と思い立ち、資格を取るため初めて履歴書を書いたんです。私が『38歳よ』と言うと、『そうなんだー!』って(笑)。子供って素直でおもしろいですね」

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
水着がズレて中が「全見え」!グラビア界の新生・寺本莉緒の「事故映像」が“お宝”になるワケ
2
千眼美子が最新映画で“萌えコスプレ”を披露!似合いすぎと大絶賛
3
主婦は猛反発!?石田ゆり子“食料買い占め”苦言は「仕事に支障」ギリギリの線か
4
人前で夜の営みを!?沢尻エリカ、「18歳からクスリ漬け&ハメまくり生活」の衝撃
5
スジ見えた?岡副麻希「めざまし」卒業日も見せてくれた美ヒップ体操の爪痕