スポーツ

中畑清が巨人ではなくDeNA監督を背負ったビックリ経緯

 2012年、横浜DeNAベイスターズ初代監督に就任した中畑清氏(大洋ホエールズからの通算では第29代監督)。4年間の監督人生の中でBクラス4回と不本意ながら、後に本塁打王のタイトルを獲得してメジャーに旅立つ筒香嘉智を育てるなど礎を築き、2016年からのアレックス・ラミレス監督体制となった今では優勝を狙えるチームへと成長を果たしている。

 しかし、だ…。今になって思えば、読売ジャイアンツで活躍した中畑氏が、なぜ選手として在籍した経験もない横浜DeNAベイスターズの監督に選ばれたのだろうか…?

 元プロ野球選手、楽天ゴールデンイーグルスでは監督経験もある大久保博元氏のYouTubeチャンネル「デーブ大久保チャンネル」、7月16日投稿〈【ありがとう!中畑清!】#5 横浜DeNAにいた4年間は楽しかった!珍監督就任秘話から横浜への思いを赤裸々に語ります〉の中で、その経緯を中畑氏が明かした。

 中畑氏の口から飛び出したのは、読売ジャイアンツのV9時代を支えた高田繁氏の名前だった。高田氏は現役引退後、日本ハムファイターズ、東京ヤクルトスワローズの監督を務め、11年に横浜DeNAベイスターズの初代ゼネラルマネージャーに就任している。

 その後、高田氏は監督就任を工藤公康氏(現、福岡ソフトバンクホークス監督)に要請した。ところが工藤氏からの注文が多く、交渉が難航した事から中畑氏のもとを訪れ、「清、もし工藤と破談になったら監督やってみる気はあるか? でも、保険なんだけどな」と高田氏が言ったのだといい、「今でもその言葉が頭に染みついてる」と明かした中畑氏。

「またユニフォーム着ないんですか?」と大久保氏の質問に、「監督業は最後の仕事かなと思ってる。70歳までにはもう1回勝負したい」と66歳の中畑氏はやる気を見せ、これに応えるように大久保氏も中畑氏のもとでチーム作りをしたいと意欲をにじませたのだった。

 現ベイスターズ監督のラミレスにはもちろん頑張ってもらいたい。しかし万一、Bクラス陥落となった時には、第2次中畑政権がスタートするかもしれない。不謹慎ながら、楽しみでもある。

(ユーチューブライター・所ひで)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
サイ・ヤング賞候補なのに先発投手ランキングから消える…カブス・今永昇太「防御率0点台」に立ちはだかる「問題」
2
「矢野はなんちゅうことをしてくれたんや」阪神OBが嘆く佐藤輝明の「致命的な初期育成ミス」
3
楽天・西武・中日…3弱チームの共通点は「PL学園出身監督」高すぎるプライドに江本孟紀ダメ出し
4
「長嶋監督、怒ってなかった?」高橋由伸が耳を疑った巨人・阿部慎之助監督の「のん気発言」
5
北京五輪「世紀のエラー」G.G.佐藤に野村克也が贈った死の10日前の金言「お前の勝ちだ」