スポーツ

中畑清が巨人ではなくDeNA監督を背負ったビックリ経緯

 2012年、横浜DeNAベイスターズ初代監督に就任した中畑清氏(大洋ホエールズからの通算では第29代監督)。4年間の監督人生の中でBクラス4回と不本意ながら、後に本塁打王のタイトルを獲得してメジャーに旅立つ筒香嘉智を育てるなど礎を築き、2016年からのアレックス・ラミレス監督体制となった今では優勝を狙えるチームへと成長を果たしている。

 しかし、だ…。今になって思えば、読売ジャイアンツで活躍した中畑氏が、なぜ選手として在籍した経験もない横浜DeNAベイスターズの監督に選ばれたのだろうか…?

 元プロ野球選手、楽天ゴールデンイーグルスでは監督経験もある大久保博元氏のYouTubeチャンネル「デーブ大久保チャンネル」、7月16日投稿〈【ありがとう!中畑清!】#5 横浜DeNAにいた4年間は楽しかった!珍監督就任秘話から横浜への思いを赤裸々に語ります〉の中で、その経緯を中畑氏が明かした。

 中畑氏の口から飛び出したのは、読売ジャイアンツのV9時代を支えた高田繁氏の名前だった。高田氏は現役引退後、日本ハムファイターズ、東京ヤクルトスワローズの監督を務め、11年に横浜DeNAベイスターズの初代ゼネラルマネージャーに就任している。

 その後、高田氏は監督就任を工藤公康氏(現、福岡ソフトバンクホークス監督)に要請した。ところが工藤氏からの注文が多く、交渉が難航した事から中畑氏のもとを訪れ、「清、もし工藤と破談になったら監督やってみる気はあるか? でも、保険なんだけどな」と高田氏が言ったのだといい、「今でもその言葉が頭に染みついてる」と明かした中畑氏。

「またユニフォーム着ないんですか?」と大久保氏の質問に、「監督業は最後の仕事かなと思ってる。70歳までにはもう1回勝負したい」と66歳の中畑氏はやる気を見せ、これに応えるように大久保氏も中畑氏のもとでチーム作りをしたいと意欲をにじませたのだった。

 現ベイスターズ監督のラミレスにはもちろん頑張ってもらいたい。しかし万一、Bクラス陥落となった時には、第2次中畑政権がスタートするかもしれない。不謹慎ながら、楽しみでもある。

(ユーチューブライター・所ひで)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
本田真凛、「NHK杯」9位の苦戦よりファンが注目した“ボディの成長”!
2
太川陽介が最もヤバいバス旅マドンナに言及!マルシアじゃなかった!?
3
太川陽介のバス旅、あのマドンナが「ヒップ躍動」魅せ!新たな見どころになるか
4
「極主夫道」視聴率伸び悩み、“局内議論”で浮上した「最も根本的な問題」とは
5
フジ井上清華、「めざましテレビ」では見せない“ギャンブラー”本性