スポーツ

「巨人生え抜き」“国内球団FA移籍第1号”選手を衝き動かした「監督」の言葉!

 今も昔も人気球団であり続ける巨人。1974年のドラフト1位で入団した定岡正二氏が85年オフにトレード要員となった際、「巨人のまま辞めたい」との意向から現役を引退したのは巨人がいかに人気球団かを示す象徴的な出来事だった。

 2003年にニューヨーク・ヤンキースに松井秀喜氏がFA移籍した報にも驚かされたものだが、MLBを夢見た挑戦ゆえの選択であったことは理解できた。

 では、巨人生え抜きで、国内球団にFA移籍した唯一の選手をご記憶にあるだろうか?長嶋茂雄「第2次政権」、1年目の93年オフに横浜ベイスターズに移籍した、満塁男こと駒田徳広氏である。

 元プロ野球選手・大久保博元氏のYouTubeチャンネル〈デーブ大久保チャンネル〉の、12月22日に〈巨人生え抜きで唯一。涙の巨人FAの全貌〉とタイトルがつけられた投稿回を観てみると、首脳陣との確執からモチベーションが下がっていた駒田氏が頼ったのは、92年まで巨人の監督を務めていた、故・藤田元司氏だったようだ。

 藤田氏がリサーチしたところ、駒田氏はFAしなければトレード要員だったようなのだが、もしトレードが失敗すれば、駒田氏は気まずい思いで巨人に残らなければいけないことから、藤田氏は「出るだけの勇気と根性あるか?」と問い、応えた駒田氏に横浜ベイスターズへの道筋を作ったのだという。

「今思えばすごく大それたことやってるけど、自分の判断では出来ない移籍だったと思ってる。自分で出来るだけの勇気と根性はなかったね」

 そう目を細めて振り返る駒田氏だった。この動画には、〈大人はこうあるべき、という見本が藤田元司氏なのだろう。〉〈藤田監督はやはり凄い人ですね〉《藤田さんのことを「紳士」って言うのだと思います。》と藤田氏を激賞する視聴者のコメントが相次いだのだった。

 藤田氏が他界して14年余り経つが、駒田氏の口を通じて、その男気と優しさ溢れる人柄にふたたび触れることができた、興味深い回であった。

(ユーチューブライター・所ひで)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
佐藤健と上白石萌歌の仲は冷めていた!?「ぎぼむすSP」撮影現場の「意外な光景」
2
本田望結、成長真っ最中?ボディ進化と同時にネットをザワつかせた“顔の変化”
3
松本人志を罵倒、浜田雅功に暴行で“一世一代の大勝負”に出た芸人!/坂下Dの「地獄耳」芸能
4
清原和博の新庄監督批判がますます浮く?江夏豊・田淵幸一の「太鼓判」発言
5
伊藤沙莉、「マッパで“美バスト”を揉まれる」ベッドシーンの艶気が大絶賛!