スポーツ

「巨人生え抜き」“国内球団FA移籍第1号”選手を衝き動かした「監督」の言葉!

 今も昔も人気球団であり続ける巨人。1974年のドラフト1位で入団した定岡正二氏が85年オフにトレード要員となった際、「巨人のまま辞めたい」との意向から現役を引退したのは巨人がいかに人気球団かを示す象徴的な出来事だった。

 2003年にニューヨーク・ヤンキースに松井秀喜氏がFA移籍した報にも驚かされたものだが、MLBを夢見た挑戦ゆえの選択であったことは理解できた。

 では、巨人生え抜きで、国内球団にFA移籍した唯一の選手をご記憶にあるだろうか?長嶋茂雄「第2次政権」、1年目の93年オフに横浜ベイスターズに移籍した、満塁男こと駒田徳広氏である。

 元プロ野球選手・大久保博元氏のYouTubeチャンネル〈デーブ大久保チャンネル〉の、12月22日に〈巨人生え抜きで唯一。涙の巨人FAの全貌〉とタイトルがつけられた投稿回を観てみると、首脳陣との確執からモチベーションが下がっていた駒田氏が頼ったのは、92年まで巨人の監督を務めていた、故・藤田元司氏だったようだ。

 藤田氏がリサーチしたところ、駒田氏はFAしなければトレード要員だったようなのだが、もしトレードが失敗すれば、駒田氏は気まずい思いで巨人に残らなければいけないことから、藤田氏は「出るだけの勇気と根性あるか?」と問い、応えた駒田氏に横浜ベイスターズへの道筋を作ったのだという。

「今思えばすごく大それたことやってるけど、自分の判断では出来ない移籍だったと思ってる。自分で出来るだけの勇気と根性はなかったね」

 そう目を細めて振り返る駒田氏だった。この動画には、〈大人はこうあるべき、という見本が藤田元司氏なのだろう。〉〈藤田監督はやはり凄い人ですね〉《藤田さんのことを「紳士」って言うのだと思います。》と藤田氏を激賞する視聴者のコメントが相次いだのだった。

 藤田氏が他界して14年余り経つが、駒田氏の口を通じて、その男気と優しさ溢れる人柄にふたたび触れることができた、興味深い回であった。

(ユーチューブライター・所ひで)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
日テレ水卜麻美、「スッキリ」卒業で色白Eバスト求め視聴者も「ZIP!」大移動!?
2
桑田真澄、クロマティが明かしていた巨人に15年間も呼ばれなかった理由
3
王監督を激怒させたホークス“大乱闘”の内幕
4
太川陽介「バス旅」パートナーの意外過ぎる人選と懸念ポイント
5
巨人・原監督、桑田コーチを招聘の裏にあの“大物球団OB”を巡る思惑が!?