スポーツ

具志堅、輪島、ガッツが過去最高ファイトマネー公表の「さらに仰天」ポイント!

 元WBA世界ライトフライ級王者・具志堅用高氏のYouTubeチャンネル〈具志堅用高ネクストチャレンジ〉に、同じくプロボクシング元世界王者の輪島功一氏とガッツ石松氏が出演。輪島氏は世界スーパーウェルター級王者を不屈の闘志で3度獲得、ガッツ氏は「幻の右」で世界ライト級王者に輝いている。そんなレジェンドクラスの世界王者たちが、一回でもらった最高のファイトマネーの金額について明かすといった貴重な内容を投稿した。

 4月9日付けで〈【衝撃の事実が連発】パンチが効きすぎの天然トリオのレジェンドトーク~後半戦~〉と題した投稿回がそれで、輪島氏は6500万円、具志堅氏は7000万円、ガッツ氏は7200万円と回答。今聞いてもすごい数字だが、現在とは物価が4~5倍近く違っていた40~45年ほど前の話だから驚きだ。

 この中でさらに興味深いのは具志堅氏の話で、この7000万円のファイトマネーは日本人の防衛記録としてマークした、1980年10月12日の13回目の防衛戦でのものだったようで、「初防衛で300万くらいかな」とも語っており、防衛のたびに金額が釣り上がっていったことも明かされたのだった。

 余談だが、元プロ野球選手、巨人で活躍した王貞治氏の最高年俸は、80年の8160万円である。具志堅氏はこの80年に3回防衛しており、簡単に見積もっても王氏の倍額はこの一年で手にしていたことだろう。

 ジャンルが違うとはいえ、危険と隣り合わせのボクシングが、世界のホームラン王を凌ぐとは…夢のある話が拝聴できた。

(ユーチューブライター・所ひで)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
佐藤健と上白石萌歌の仲は冷めていた!?「ぎぼむすSP」撮影現場の「意外な光景」
2
本田望結、成長真っ最中?ボディ進化と同時にネットをザワつかせた“顔の変化”
3
松本人志を罵倒、浜田雅功に暴行で“一世一代の大勝負”に出た芸人!/坂下Dの「地獄耳」芸能
4
清原和博の新庄監督批判がますます浮く?江夏豊・田淵幸一の「太鼓判」発言
5
伊藤沙莉、「マッパで“美バスト”を揉まれる」ベッドシーンの艶気が大絶賛!