女子アナ

日テレ水卜麻美、ブラウスから色白“Eバスト”こぼれ出た「早朝大サービス」!

 日本テレビの水卜麻美アナが、メイン司会を務める「ZIP!」でカラダを張って奮闘中である。

 5月11日の放送で水卜アナは、“最新のカメラ事情”をみずから取材し調査。VTRでは自撮りをしながら家電量販店を訪れ、その自撮りには欠かせないウェアラブルカメラの「GoPro」をチェックし、最新版の高性能ぶりを実際に試すことになったのだが…。

「屋内の広場へと出た水卜アナは、手ブレ補正が優れているという『GoPro』を手に持ち、自撮りをしながら猛然とダッシュ。撮影された映像はみごとにブレがほぼ無い、鮮明なものでした。しかし一方で目を奪われたのが、走り回る彼女の胸元です。着ていたブラウスは一番上のボタンまでしっかり閉められてはいたものの、走る勢いで第二ボタンとの間がパカパカと開き、色白バストの膨らみが思い切り露わになったんです」(女子アナウオッチャー)

 このシーンにネット上は〈嬉しすぎる放送事故!〉〈水卜アナの胸がありえないぐらい見えちゃってる!ブラウスもピッタリ張り付いて、輪郭も丸わかりだわ〉などの声が上がり大絶賛。早朝から目の覚めるような大サービスとなった。

「水卜アナは4月の番組改編で、『スッキリ』のサブ司会から『ZIP!』への総合司会へと異動。『ZIP!』の時間帯は錚々たる司会者が務め上げてきた『ズームイン!!朝!』に始まる日テレの大看板枠だけに、プレッシャーは相当なもの。それでも水卜アナに代わってからも視聴率は好調で、独自の色を出す努力が功を奏しているようです。今回披露してくれた推定Eカップバストも、間違いなく男性視聴者を得ている要因の一つ。今後もどんどん攻めてほしいですね」(前出・女子アナウオッチャー)

 水卜アナの活躍からますます目が離せない。

カテゴリー: 女子アナ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
韓国から「出ていけ!」ホン・ミョンボ代表新監督への〝ウソつき呼ばわり〟は日本人選手がキッカケだった
2
イギリスに実在した「世界最恐のサイコパス双子姉妹」ジューンとジェニファーの「双子語」狂乱人生
3
「黙らすぞクソ豚、コラァ!」坂本勇人のアドレナリン爆発を誘発させた大久保博元の「策略」
4
1軍首脳陣に嫌われた阪神・秋山拓巳に「他球団からトレード申し入れ」という「救いの手」
5
緊迫の「末期膵臓ガン寝室」体を弓なりに曲げて白目をむいた「心肺停止」騒動/プーチン「死亡・影武者説」を追う【2024年6月BEST】