芸能

有名人馬主24名「勝ち組・負け組」“秘”収支報告!(1)

 新春競馬でにぎわう中山競馬場で、有名人馬主の所有馬が明暗を分けた。1月13日の新馬戦で志村けんのダイジョブダアは惨敗も、その2日前には横浜ベイスターズの三浦大輔の2歳馬リーゼントロックが連勝でオープン入り。あらためて有名人馬主24人の中央競馬会での収支状況を見ると、そこには悲喜こもごもの馬主人生が浮かび上がるのだ。

 現役のプロ野球選手として初めて、11年に馬主資格を取得した「ハマの番長」こと三浦大輔(40)。自慢のリーゼントが冠名で、ブルース(24戦3勝)に続く2頭目のロックは、ダート戦ながら3戦2勝と絶好調で、春シーズンが楽しみな逸材だ。1月11日の中山競馬場には、シーズンオフの三浦も駆けつけ、ファンから熱い声援を浴びたが、同日4Rの新馬戦では、風水家のDr.コパこと小林祥晃氏(66)の所有馬ミスウインストンとキモンオレンジもワンツーフィニッシュを飾った。

 昨年の有馬記念でも、愛馬ラブイズブーシェが武豊騎手とのコンビで12番人気ながら4着。3000万円の賞金をくわえて来た。

 コパ氏が話す。

「よく頑張ってくれましたよ。掲示板に載ることも考えてませんでした。1年前の今頃は未勝利だったのにそこから5勝し、今年の金杯を使うつもりで放牧に出していたんです。いちおう有馬の登録だけはしておいたらキズナが回避して武豊さんが空いた。福永(祐一)騎手の披露宴の席で騎乗をお願いしました。あの子の運の強さを感じましたね」

 大舞台での我が子の激走を思い出すと、眠りにつけないほどの興奮を覚えたというが、それこそが馬主の醍醐味であろう。

 ただ、運を一気に吐き出してしまったようで、有馬の翌日から年末まで悪夢が続く。阪神Cに出走したコパノリチャードがスタートでつまずき(10着)、中山のメインでもコパノリッキーが9着と期待を裏切った。風水に由来する開運術の提唱者も、簡単には風向きを変えられないようで、大みそかの大井競馬場でもキモンレッドが1番人気に応えられず4着。コパ氏が続けて言う。

「有馬記念のような大舞台って、本当に大きな運が必要なんだなと思い知らされましたね。私自身も大みそかの夜、風呂場で転倒しましたよ(苦笑)」

 とはいえ、そこは1級建築士、作家の肩書に加え、神主でもあるコパ氏。新年を迎えれば風向きも変わった。先の新馬戦でワンツーを決めるなど、今年も好スタートを切った。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
佐々木希、「バストの張り」良好ぶりを裏打ちした?渡部建の“豊洲バイト”
2
日テレ河出奈都美、“ポスト水卜麻美”が見え始めた「爆裂バスト」アピール加速
3
「バスト強調」艶系人気動画、突如登場「2代目」に視聴者が戸惑う“形状の違い”
4
バストが揉みしだかれて!?井上和香、「目を閉じ口を半開き顔」写真に熱視線
5
ダレノガレ明美、トレ写真で魅せていたバスト渓谷&衝撃「下腹部盛り上がり」!