スポーツ

“巨人三本柱”江川・西本・定岡をヤル気にさせた藤田元司監督との「約束ごと」

 巨人軍の歴代監督を振り返ると、「野球の神様」と称された川上哲治氏、「ミスタージャイアンツ」こと長嶋茂雄氏、ホームラン世界記録樹立者の王貞治氏、そして現在の監督・原辰徳氏は、通算勝利数で球団歴代1位になるなど、錚々たる顔ぶれが並ぶが、そんな中で藤田元司氏の存在を忘れてはならない。

 藤田氏が監督を務めた1981年から3年間と、89年から4年間の通算7年間で、リーグ優勝に4度導いており、特に際立つのは、監督就任1年目の81年と89年に日本一を獲得していることから、「優勝請負人」とも称されたものだ。

 そんな藤田監督と他の監督の違いを、元巨人の江川卓氏が、自身のYouTubeチャンネル「江川卓のたかされ」(3月8日投稿回)で明かしている。

 当時、通常であれば先発でマウンドに上がった翌日も、投手は勝敗にかかわらずベンチ入りすることが義務付けられていたのだが、藤田監督だけは7回まで投げて勝利すれば翌日は休みといった、投手陣の意向を受け入れたのだという。「休養も仕事の一つ」といった投手出身の藤田氏らしい計らいに加え、完投数を増やしたい目的もあったようで、「だから完投多いよね。メチャメチャ完投するよね」とスタッフの笑いを誘った江川氏。

 藤田監督第一次政権の江川氏の完投数に目を向けると、81年20試合、82年24試合、83年10試合。83年は右肩痛から完投数に衰えが見えたものの、81年と82年はリーグ最多。ちなみに、江川氏の最大のライバルと目された西本聖氏は、81年に巨人時代でもっとも多い勝ち星の18勝、また定岡正二氏は82年に自身キャリアハイの15勝を挙げている。

 投手陣のやる気に火をつける「藤田マジック」の貴重な話が拝聴できた。

(ユーチューブライター・所ひで)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
DeNA大型新人・度会隆輝「とうとう2軍落ち」に球団内で出ていた「別の意見」
2
「趣味でUber Eats配達員をやってる」オードリー若林正恭に「必死の生活者」が感じること
3
桑田真澄に「偉業を全て盗まれた」同級生の元バッテリー捕手が明かす「ほとんど完全試合」時代
4
「3Aで最多安打記録」巨人に新加入の外国人ヘルナンデスに「超不吉なデータ」
5
豊臣秀吉の悪口に反論したら「耳と鼻をそがれて首を刎ねられた」悲劇の茶人