芸能

市川海老蔵「神がかり3連単ボックス」馬券術(1)小学生で競馬にハマッた

 早逝した妻の死からはや5年。成田屋がスキャンダルで火だるまだ。複数女性との交際を報じられた矢先に、義姉・小林麻耶には「麻央の病室で競馬新聞」と裏素顔まで暴露された市川海老蔵。だが、彼の天性のギャンブル運の強さで、あらゆる騒音をハネ返して目指すは万馬券。ここに海老蔵の「神がかり3連単馬券術」を初公開する。

「競馬は大好きです。小学校時代からメジロマックイーンの勝った天皇賞・春を見ていた」

 去る5月1日に開催された天皇賞春のPR動画で親交の深い福永祐一騎手(45)と対談した市川海老蔵(44)は自ら競馬愛を明かしている。

 スポーツ紙レース部デスクが海老蔵の競馬歴について説明する。

「競馬好きだった父・團十郎の趣味を引き継ぎ、小学生の頃にオグリキャップに感動し、その後はトウカイテイオー、ディープインパクト、ウオッカなど名馬に熱狂していたそうです。競馬は新之助時代から始めたようで、平日には大井競馬場、仕事先での京都競馬場などに通いつめるほど熱心で、ダービーなどの大一番は東京競馬場の貴賓室で観戦する本格的な競馬フリーク。義姉の小林麻耶がYouTubeで、妻の麻央が闘病中も病室で競馬の予想をしていたと批判しましたが、お酒をやめた海老蔵にとっては唯一の息抜きが競馬と言っても過言ではありません」

 時には自身のブログで馬券的中を報告するなど、ファンならずとも巷間知られた話だが、あまりにも有名な大当たり伝説といえば、真っ先に挙げられるのが15年の有馬記念だろう。

 年末グランプリレースはその年の天皇賞馬のゴールドシップ(春)とラブリーデイ(秋)の2頭が上位人気。単勝10倍以下に5頭がひしめく混戦模様となった。しかし、海老蔵は大見得を切る大穴予想。

「軸に指名したのは単勝5番人気のサウンズオブアース。重賞未勝利の2勝馬という穴馬でした。なんでも直前の追い切りがいちばん良かったという理由で、『今年は世代交代が起きる』と遅咲き4歳馬をピックアップ。他に8番人気のゴールドアクターと4番人気の3歳馬キタサンブラックなどを加え、みごと3連単12万5870円をゲットしています」(デスク)

 ちなみに、この前年の有馬記念では「外したら競馬をやめる」と背水の陣を敷いて、4番人気のジェンティルドンナを単複1本釣り。すると、牝馬三冠ながら、直前の天皇賞、ジャパンカップで惜敗するも、この海老蔵の後押しを受け、みごと引退レースで復活Vとなった。海老蔵自身も2年連続有馬Vを達成したことで、そのギャンブラーぶりは広く知られることになったのだ。

 この絶好調予想は翌年も堅調を維持。牝馬三冠の開幕戦・桜花賞でも海老蔵マジックが炸裂した。

「クラシック初戦はもちろんフルゲート18頭立て。しかし、海老蔵予想では『実質は4頭立てです』と14頭をバッサリ切り落とす4頭ボックス3連単という大胆予想だった。その結果、海老蔵が選んだ馬が上位4着まで独占するパーフェクト的中となったのです」(デスク)

 この勢いのまま次なる牝馬クラシック2戦目オークスもイケイケ勝負。

「桜花賞2着馬シンハライトから勝負。馬券は3連単軸1頭マルチ、相手は8頭で168点を購入。しかし、的中こそしたものの結果は人気馬が1・2着に入り、3連単の配当は5790円とトリガミに終わっている。こうした大レースでは儲けよりも的中させたい気持ちが優先してしまうのは競馬好きである証しと言えるでしょう」(デスク)

 競馬に勝って、勝負に負ける日もあり。勝ちにこだわるのは、先代譲りのようだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「ケガ離脱中」巨人・坂本勇人復帰後の「取り扱い」を原監督が明言した
2
石田ゆり子が「服を着ていない丸出し写真」公開、あんなところまで見えてる!
3
ピンク・レディー「再結成ステージ」がまさかの「15分で終了」のアキレた舞台裏/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
4
佐々木希を「公開処刑」に追い込んだ秋田の超絶美女アナ「Dバスト素顔」
5
岡村隆史が猛批判!アンガールズ田中の「めちゃイケ」丸パクリ番組に「こんな悲しいことある?」