女子アナ

「ポスト水卜麻美」岩田絵里奈が丸っと見え!始球式前の投球練習がいやらしすぎた

「昨年3月末から水卜麻美アナを引き継ぎ、『スッキリ』(日本テレビ系)のサブ司会に抜擢された岩田絵里奈アナですが、当初から総合司会の加藤浩次の絡みもそつなくこなし、堂々とした進行ぶり。やはり入社1年目から『世界まる見え!テレビ特捜部』でビートたけしや所ジョージを相手にしてきた経験は大きく、上層部も『ポスト水卜麻美』への成長ぶりに安堵しているようです」

 こう明かすのは、日本テレビ関係者である。さらに言うには、

「なにしろ『スッキリ』就任直後の4月中旬には、早くもスポーツマンタイプのイケメンとの焼肉デートも報じられるなど余裕を見せ、とにかく肝が据わっていますよ」

 そんな活躍と人気を象徴するかのように、岩田アナは5月26日に東京ドームで行われたプロ野球交流戦(巨人VSオリックス)で始球式を初体験。結果はワンバウンドになったものの、捕手までしっかりと届き、観客を盛り上げたのだ。

 実は始球式に際し、女子アナファンが大いに食いついたのが、翌日に巨人の公式YouTubeチャンネルに投稿された、ブルペンでの投球練習動画だった。女子アナウォッチャーが解説する。

「始球式が初めてというわりには投球フォームは実に様になっていて、見学に訪れた日テレの先輩男性アナを驚かせるほど。その一方で視聴者が大いに注目したのが、彼女のヒップでしたね。投げ終わるたびに水色のジャージが肌に張り付き、輪郭が露わになっていた。よく見ると、パン線までが丸っと見え状態。しかもその形は『極小』の、かなり攻めたタイプで、彼女の肌着の趣味が分かる貴重な映像となりました」

 強気の姿勢はこんなところにも表れていたのである。

カテゴリー: 女子アナ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
あの「号泣県議」野々村竜太郎が「仰天新ビジネス」開始!「30日間5万円コース」の中身
2
3Aで好投してもメジャー昇格が難しい…藤浪晋太郎に立ちはだかるマイナーリーグの「不文律」
3
高島礼子の声が…旅番組「列車内撮影NG問題」を解決するテレビ東京の「グレーゾーンな新手法」
4
「致死量」井上清華アナの猛烈労働を止めない「局次長」西山喜久恵に怒りの声
5
皐月賞で最も強い競馬をした3着馬が「ダービー回避」!NHKマイルでは迷わずアタマから狙え