スポーツ

清原和博 週刊誌の“薬物報道”に怒り心頭(2)「編集部に襲撃しないかと関係者も戦々恐々」

20140327c

 清原氏の抗議活動を巡っては、さらに物騒な話まで飛び交っていた。

 今回の薬物報道が出る以前から、清原氏は自身のことが書かれた記事に対しては人一倍敏感だったのだ。

 さる球界関係者が明かす。

「マスコミの中でも親しい人間には『好き勝手、書く連中、ホンマ許さへん!』と語っていたそうです。そればかりか、『フライデーって襲撃されたことあったやろ?』と、かつてビートたけしが起こした騒動まで持ち出して興奮していたといいます」

 清原氏がそうした発言をしていた時期は、昨年、過激言動で物議を醸した「週刊実話」のインタビューが掲載された頃に近いという。その記事中で清原氏は、

〈落合さんはホンマに性格悪いで(中略)ヘタレ野郎〉

〈風俗で(中略)予約は落合さんで、どうも常連らしく、(ある部分)舐めが大好き〉

などと爆弾発言を連発していた。

「自分は顔をさらし実名をあげて発言をしているのに、名前を出さない関係者のコメントで自分のことが語られることに対して、『許さへん』とブチ切れていたようです。その怒りのテンションを思い出してか周囲も、『まさか文春の編集部を襲撃しやしないか』と心配な様子でした」(球界関係者)

 清原の襲撃と聞いて思い起こされるのが、04年の巨人時代に起きた、球団代表への“直談判事件”だ。ペタジーニとの併用に不満を持ち、編成面の主導がフロントなのか現場なのかを問いただすため、スーツを着ながらも、半ば“殴り込み”に近い形で球団事務所へ乗り込んだのである。スポーツ紙デスクが言う。

「『一本気な人だから、やりかねませんよ。今、清原さんは、自身の薬物報道に関して情報を流した犯人探しをしているようですね。そのため、すでに疑いをかけられている関係者もいるといいます。清原さんとは現役時代、『焼肉と間違えてしも~た』などと言って、番記者のケータイを箸でつまんでジューッと焼き、データを消失させたこともあった。冗談でそれをやっていたんですから、本気で怒ったら、何をするかわかりませんね」

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
熊田曜子、”歩くか夜の営みしか運動しない”報道で“岡村との過去”が再燃!
2
小百合様も登場、日本の芸能史を飾った「バスト大事件」とは?
3
石田ゆり子、予想以上に立派な体の部位にファン騒然!完熟ボディの“秘密”か
4
尾野真千子、「Fバスト口技」熟テクの圧巻!(終)「前張りなしマッパ」で“慰め行為”
5
「思い上がるな!」東出昌大の奔放生活に激怒した上沼恵美子への称賛