スポーツ

サンスポ水戸正晴の「絶対万券」論「ガロアクリークが本領発揮」

 安田記念が終わり、東京競馬場で5週連続行われたGI戦線の幕は降りた。

 が、先週から2歳馬のデビュー戦がスタートし、今週からは函館が開幕する。という具合に、競馬は引きも切らずに行われるが、前半戦を締めくくるGI宝塚記念までは中央での開催もあり、おもしろい番組はまだまだ続く。

 今週は別定でのGIII戦、エプソムCが東京のメインだ。フルゲート(18頭)で行われることが多く、回を追うごとにさまざまなドラマが生まれている。

 しかし今年はフルゲートになるかどうか。目下のところ、例年に比べて頭数が少ないようである。

 それでも、秋を見据えて少しでも賞金を上積みさせたい出走馬が多く、おもしろい一戦になること請け合いだ。

 03年に馬単が導入されて以降、これまでの19年間、その馬単での万馬券は5回(馬連は1回)。この間、1番人気馬は5勝(2着4回)、2番人気馬は4勝(2着3回)。1、2番人気馬によるワンツー決着は2回。ということで、大きく荒れることは少なく、比較的順当に収まる、言わば本命サイドの決着が多いレースと言えるだろう。

 そして実績がある馬よりも、これから伸していくであろう力量を秘めた4歳馬の活躍が目立つ。

 過去19年で見ると4歳馬が圧倒しており11勝(2着8回/うち牝馬が1勝、2着1回)。これに続くのは当然、充実の5歳馬だが、それでも約半分の6勝(2着6回)だ。

 6歳馬は2勝(2着4回)、7歳以上の馬は出走頭数が少ないとはいえ、連絡みした馬はいない。生きのいい馬が活躍するのは明らかで、そのことは頭に入れておいてよさそうだ。

 出走を予定している4歳馬は、前走メイS2着のエイシンチラー、3勝クラスを勝ち上がってきたジャスティンカフェ、ノースブリッジ、ヤマニンサンパ、安田記念を除外となったタイムトゥヘヴン、出否未定のワールドバローズと、なかなかの顔ぶれが居並ぶ。

 どうやら今年も──と思ってしまうが、最も期待を寄せてみたいのは、5歳馬のガロアクリークだ。

 前走の都大路Sは6着と期待を裏切る格好となったが、ゲート入りが悪く(今週、再試験を義務付けられている)、流れに乗れなかった。レース前から落ち着きを欠いていたことを思うと、中山記念(4着)のあと、ひと息入ったことで本調子になかった、ということなのだろう。

 しかし今回は、8カ月半の長期休養明けを使われて3戦目。しっかり調整ができていれば巻き返せるはずだ。その肝心の状態だが、1週前の坂路での動きは、上がり重点に実に軽快でリズミカル。しまいの反応も上々で、上原調教師も「このぶんなら」と、ヤル気をにじませていた。

 デビュー戦(芝2000メートル)を飾った東京が舞台。スプリングSを制し、皐月賞3着、ダービー6着の実績馬でもあり、この相手なら十分やれていい。晴雨にかかわらずチャンスとみた。

 函館スプリントSは、フルゲート(16頭)で混戦模様。期待したいのは、ジュビリーヘッドだ。

 3勝クラス(船橋S/中山芝1200メートル)を勝ち上がったばかりだが、とにかく状態がよく、充実ぶりが目立っている。

 早くからここを目標に調整されており、1週前の追い切りの動きも文句なしだった。

 6ハロン戦は〈4 3 1 1〉と実績は十分。好勝負必至とみた。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    “JRA有馬記念VS年末ドリームジャンボ”一攫千金を叶えるならどっちが現実的?

    Sponsored
    239326

    ◆年末の風物詩である有馬記念師走となれば誰もが一攫千金を夢見る。その対象は大きく分けて2つ、JRAの有馬記念(G1)と年末ドリームジャンボ宝くじだ。馬券は実力次第で的中を手繰り寄せることができる一方、宝くじは完全な運任せ。まったく対極にある…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    「テーオーケインズを脅かす人気薄…」三冠騎手を育てた鬼教官のチャンピオンズC穴馬

    Sponsored
    236409

    ◆ワールドカップ以上の注目イベント!中東のカタールで行われているFIFAワールドカップは、日本代表が優勝候補のドイツに劇的な勝利。コスタリカ戦も終え、12月1日に注目のスペイン戦を控えている。決勝トーナメントに向け、森保監督の采配が注目され…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    1800万円VS100万円の戦い!JRA阪神ジュベナイルフィリーズに下剋上あり?

    Sponsored
    237214

    ◆男なら誰もが羨む話だが…競馬の面白いお金の話がある。それが種付け料だ。かつて産駒が数億円単位で売れていたディープインパクトの場合、1回の種付け料が4000万円に達したことがある。1度の種付けが家やマンションと同じ価値というのだから、リスク…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
キャンプ激震!西武ライオンズに再燃する「身売り話」の深刻事情
2
徳川家康ブチ切れ!通行人にノコギリで首を挽かせた「極刑中の極刑」絶叫シーン
3
フィリピン収容所「広域強盗団4人送還」の裏で動いた「2000億円」の効果
4
ハイヒールを履いたヤクザ風の男に和式便所に連れ込まれた吉本芸人の告白/坂下ブーランの地獄耳芸能
5
全国旅行支援トラブル続出でクレームの嵐!対象店で「クーポン使用不可」の理不尽