スポーツ

清原和博 日ハム・中田翔に公開絶縁を突きつけた戦慄真相(1)会食のドタキャンが引き金に…

20140403a

 週刊文春の「薬物報道」に向けていた球界の番長の怒りのホコ先が、なんと別方向に飛び火してしまった。自身の「後継者」に指名していた現役の大砲をやり玉にあげ、「公開絶縁」までしてみせたものだから、ますます波紋は広がるばかりなのである。

 日本ハムの球団関係者が嘆く。

「オープン戦で中田翔(24)の打率が1割台に低迷しています。守り慣れたレフトに戻った3月19日のソフトバンク戦で本塁打を含む3安打と復調気配を見せたので、今季よりコンバートのサードという守備の負担を不振の原因にあげる声は多いのですが、実際は“清原ショック”なんですよ」

 ちなみに、その19日の試合後に中田が出したコメントは、「僕の場合、メンタル的なものなので‥‥」というものだった。

 問題になっているのは、「フライデー」3月28日&4月4日合併号に掲載された「球界の番長」こと清原和博氏(46)による独占告白である。記事は、「週刊文春」3月13日号で書かれた「薬物疑惑」について完全否定した清原氏が、自身の糖尿病を明らかにした内容だった。そのインタビューの最後で清原氏が、中田を「公開絶縁」する言葉をこう吐き捨てていたのである。

「ガッカリしたのは、食事に行こうと約束してた日本ハムの中田翔が、この騒動で他人を介してドタキャンしてきたこと。こういう時にこそ、ホンマの人間関係がわかるね」

 そもそも清原氏は、中田が高校通算87本塁打でプロ入りした直後から、当時の日本ハム・梨田監督に「僕の後継者は中田です」という手紙を渡すほどかわいがってきた。実際、中田は清原氏を崇拝し、3年目からは番長の現役時代を追うように、トレーナー・ケビン山崎氏のもとで体を鍛え上げてきたのだ。

 そんな中田が今回、清原氏を激怒させてしまったわけだが、その背景をスポーツライターが語る。

「日本ハムでは、昨年、二軍マネジャーが強姦などの容疑で逮捕され、今年の2月24日に懲役5年の実刑判決が出た。これを機にコンプライアンスが強化され、キャンプ中の講習会でも反社会勢力とはつきあわないよう徹底的に指導がなされていたんです。その中では、入れ墨やタトゥーを施すような人物を危険視する指導もあったといいます」

 中田が清原氏のタトゥーを確認して、距離を置き始めたとでも言うのだろうか。余波も含めた詳細な“戦慄真相”をさる球界関係者が明かす。

「中田自身が表向き説明している話ではあくまで糖尿病という清原氏の体調を気遣って会食をキャンセルしたということです。ドタキャンという引け目もあり、その連絡を個人マネジャーにさせたのが清原さんの心証を悪くしたのでしょうが、中田にとっては気を遣ったつもりでもあった。それなのに名指し批判の記事が出たものだからビビッてしまい、マナーモードのケータイがブルッと振動しただけで清原さんからではないかと震えていましたよ。そのため、ケータイを個人マネジャーに預けていたほどです」

◆アサヒ芸能3/25発売(4/3号)より

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
神田愛花、日村が心配!体臭好き“下半身奇行”にドン引きの声
2
吉岡里帆、“バストがFから縮小”疑惑写真で逆に「脱いだらスゴイ」妄想できる!?
3
一緒に映ったらまさか…河北麻友子が親友・桐谷美玲に動画で“公開処刑”!?
4
美女アナ 朝っぱら情報番組「後継レース」(3)NHK・桑子真帆は結婚で退社?
5
太川陽介、新「バス旅」で冴え渡った独壇場“乗り継ぎテク”