スポーツ

巨人V逸なら「工藤公康監督」の急転事情!原監督がGM就任にスムーズに移行すれば…

 2年連続でV逸必至の巨人に、大物OBの名前が急浮上している。それは工藤公康前ソフトバンク監督だ。在京スポーツ紙の遊軍記者は、次のように説明する。

「昨年オフ、原辰徳監督は3年契約を結んだばかり。通常なら1年で契約を打ち切るのはあり得ない。だが、巨人というチームはあの王、長嶋のONでさえ成績が振るわなければ、平気でユニホームを脱がせる伝統がある。原監督も例外ではないと思う。最近は後任として、工藤氏の名前がささやかれている」

 常勝を義務付けられる巨人で、原監督の実績は申し分ない。9度のリーグ優勝に加え、チームを3度も日本一に導いている。球界を代表する名監督のひとりといっていいだろう。

 だが、安定した長期政権のため、後継者が育っていないのが実情だ、桑田真澄投手チーフコーチ、元木大介ヘッド兼オフェンスチーフコーチ、阿部慎之助作戦兼ディフェンスチーフコーチらの名前も取りざたされているが、いずれも決め手に欠けているのが実情である。

 そこで白羽の矢が立ちそうなのが、工藤氏だ。選手としても指導者としても、工藤氏ほど優勝経験が豊富な人間はそういない。

 選手としては西武、ダイエー(現ソフトバンク)、巨人の3球団で14度のリーグ優勝、11度の日本一を経験している。また、ソフトバンクの監督として、7年間で3度のリーグ優勝、5度の日本一に導いている。まさに、希代の「優勝請負人」だ。

 巨人というチームは、生え抜きの4番打者もしくはエースと呼ばれた投手経験者が指揮を執るのが基本路線とされている。だが、生え抜きでこそないが、巨人でもローテーションの一角を占め、7年間プレーした実績を持つOBである。

 07年、横浜から巨人にFA移籍した門倉健の人的補償プロテクト枠28人に入らず移籍を余儀なくされ、遺恨が取りざたされた時期もあった。だがその後、工藤氏が「自分がフロントだったら、43歳の選手をプロテクト枠には入れない」と理解を示しており、就任へのネックにはならない。

 工藤監督が誕生するかどうかは、自らの退任後にGM就任をもくろむ原監督の動向次第だろう。ただ、球団内には一定の反原勢力もいる。その勢力を押し切り、原監督がGMへとスムーズに移行できれば、工藤監督就任へのカウントダウンが始まりそうだ。

(阿部勝彦)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    まだそんなに料金払ってるの? 今さら聞けない光回線カンタン乗り換え術

    Sponsored
    231550

    「も~、うちのネット回線ってマジ遅いんだけど?ホントに光なの?」今年、大学受験を控える娘がプリプリした態度で怒鳴り込んできた。自室で受講していたオンライン塾の画面がフリーズしたという。M氏(51歳)は、妻と共働きで、高3の娘、中学2年になる…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
明石家さんま「日本サッカー界の恩人」がW杯特番に呼ばれなくなったワケ
2
鎌田がキレて久保は欠場…W杯サッカー日本代表に起きている「異変」
3
体調悪化の渡辺徹を強引に引っ張り出した秋田大学の「致命的ミス」
4
オリックス・森友哉「巨人拒否発言」に原辰徳監督が「ナメてんのか」憤慨…これは来季の「遺恨対決」だ
5
サッカー柴崎岳の妻・真野恵里菜「撮影自粛願い」が招いた「オウンゴールな評判」