スポーツ

広島&オリックス 最も優勝から遠ざかっている2チームが大進撃!(1)優勝を予感させる広島の開幕ダッシュ

20140424d

「春の珍事」なんて呼ばせない! プロ野球のペナントレースは、開幕から広島カープとオリックス・バファローズが快進撃を続けている。両球団ともリーグで最も優勝から遠ざかっているが、今季のベンチ裏はお祭りムード。たまりにたまったマグマのような熱気が充満しているのである。

 広島は実に1987年以来となる、27年ぶりの開幕から3カード連続勝ち越しで開幕ダッシュに成功した。4月8~10日の巨人3連戦こそ1勝2敗と負け越したものの、「一歩もひけを取らない戦いをしていた」と話すのは、カープOBで野球解説者の小早川毅彦氏だ。

「第1戦で巨人先発の内海から丸が頭部に死球を受け、その場に倒れ込んだのですが、すぐに立ち上がりプレーを続行、すかさず盗塁を決めました。彼のプレーが象徴するように、昨季、16年ぶりのAクラス入り、初のCS出場を果たした勢いに乗って、今季はさらに上を目指す。チームにはそんな雰囲気が漂っています」

 4月10日の広島戦に先発した巨人の菅野は、試合後、番記者にカープ打線の印象を聞かれ、こう語った。

「1、2番を打つ丸と菊池はファウルで粘って球数を多く投げさせて、出塁すると足を絡めてくる。エルドレッドの調子もいいですし、後ろを打つ梵さんも確実性のある打者だし、松山さん、堂林は長打力もある。そこにキラまで調子を上げてきたら‥‥。投手からすると息の抜けないやっかいな打線ですよ」

 もちろん、広島の一番の強みは投手陣の層の厚さだ。小早川氏が、その充実ぶりをあげる。

「先発陣には、前田、野村、バリントン、さらに即戦力ルーキーの大瀬良、九里といった2桁勝利を期待できる逸材がそろい、さらに篠田や福井といった先発候補も控えている。一方で、救援陣も一岡、永川、今村、中田、ミコライオと、コマはそろっています。内・外野ともに守備力も高いので、大量失点する可能性は低い。巨人と互角に戦えるだけの戦力が整いつつありますね」

 カープ番記者も投手陣の競争激化がチームに好影響をもたらしていると語る。

「開幕2戦目に登板し、12球団ルーキー一番乗りで白星を飾った九里は、『10勝は最低ノルマ。大瀬良よりも多く勝つ』といきまいている。先日、巨人戦初勝利をあげた3年目の野村もオフの自主トレからハイペース調整を続け、15勝を目標に掲げています」

 巨人にFA移籍した大竹の人的補償で入団した一岡も、「広島で活躍することが巨人への一番の恩返し」と今シーズンの飛躍を誓っている一人だ。

「先日の試合前にも原監督から『ジャイアンツのユニホームも似合っていたけれど、カープのユニホームも合っているじゃないか。貪欲に上を目指してやってくれよ』とじきじきにエールを贈られ、ガゼンやる気になっていた。内海や杉内など、ベテランが中心の巨人投手陣に比べ、広島は伸びしろも期待できますよ」(カープ番記者)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
広島カープ「次の監督決定」秒読み!「アライさん」を支える「名参謀」入閣情報
2
加藤綾子「活動休止」で蘇る…女子アナ生活14年を彩った「男7人」との「本当の関係」
3
川島なお美「前貼りなし」で挑んだ古谷一行とのベッドシーン「入っていた」伝説
4
広島カープOBが佐々岡監督Bクラス辞任を「バッティングセンター状態だった」酷評
5
激ヤバ!「チケットが売れない」オズワルドの大ピンチは伊藤が蛙亭イワクラと交際したから