スポーツ

今村聖奈「通算50勝超」も見えてきた快進撃に潜む「唯一の不安」

 現在、JRA通算32勝の今村聖奈騎手。これで30勝以上の新人最多勝騎手に贈られるJRA賞最多勝利新人騎手(通称・新人賞)の規定をクリア。現在、新人騎手2位の角田大河が17勝なので、表彰されることは確実だろう。

 ちなみに、50勝以上で同賞を受賞したのは、1987年の武豊(69勝)、96年の福永祐一(53勝)、2008年の三浦皇成(91勝)の3人だけ。今の勢いをもってすれば、11月中にもその仲間入りをするに違いない。

「フェニックス賞(8月13日)のミカッテヨンデイイのように、斤量の恩恵のない特別戦でもしっかり結果を出しているから立派。女性騎手は一般的に追えないと言われるが、彼女はそんなことはない。外から捲くってきて、豪快に勝ってみせる。そこが凄いところだ。だから、馬主も調教師もこぞって乗せようとする」(栗東トラックマン)

 ただ、一つ気がかりなのは、ここへきて制裁を受けるケースが多くなっていること。現在、制裁20点で制裁ランキングの13位。30点になると再教育を受けることになるから、少々心配だ。実際、「他馬に迷惑をかけてすみませんでした」といったコメントもよく見られる。

 デビュー当時とは比較にならないほど乗鞍が多くなっているため、制裁点が増えるのも当然かもしれないが、それで委縮するような騎手ではないだろう。

 9月4日(日)は、ミカッテヨンデイイで小倉2歳ステークス(GIII)に挑む。前走・フェニックス賞では、ノーステッキで1分7秒7の好時計勝ち。今回で4走目という強行軍と荒れてきている馬場が心配だが、能力的に上位争い十分可能だろう。夏の小倉の最後を締めくくることができるか、注目だ。

(兜志郎/競馬ライター)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    まだそんなに料金払ってるの? 今さら聞けない光回線カンタン乗り換え術

    Sponsored
    231550

    「も~、うちのネット回線ってマジ遅いんだけど?ホントに光なの?」今年、大学受験を控える娘がプリプリした態度で怒鳴り込んできた。自室で受講していたオンライン塾の画面がフリーズしたという。M氏(51歳)は、妻と共働きで、高3の娘、中学2年になる…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「男闘呼組」成田昭次がついに受けたインタビューでも語らない「薬物の話」
2
平愛梨に真野恵里菜…次々にゴールを決めるサッカー選手に“怨嗟”の声
3
吉岡里帆「監督に叱られた無名時代」ブレイクのきっかけは新垣結衣だった!
4
阪神の「夜遊び帝王」糸原健斗に忍び寄る「アレ流」レギュラー剥奪危機
5
スペイン戦直前…本田圭佑が放った「権力者は退場せよ」猛烈批判の真意