政治

金正恩「ミサイル乱射」の裏に「北朝鮮製シャブ爆騰」因果関係(2)まがいモノのシャブが急増

 ここで一度、話は飛ぶ。

 関西地方の広域組織関係者X氏が、イラつきを隠さずまくしたてる。

「今、全国的にシャブの流通量が減っているんや。知っとったか? 市場に出回っとらんから、元アイドルの逮捕以外に目立ったニュースはないやろ?」

 コロナ禍による渡航制限とロシアのウクライナ侵攻によるダブルパンチで、覚醒剤の仕入れルートがズタズタに寸断されているというのだ。

「入ってこなくなっただけやなくて、たまに入ってきても昨年の10月頃から価格が高騰しとるわ。1キロあたり800万円だった仕入れ単価が、今では2500~3000万円にうなぎ登りや。もちろん末端価格も値上げしていて、1グラム2~4万円だったんが、8~10万円に跳ね上がっとる。毎年8月と12月に大きな価格変動があるんやけど、今年の冬はさらに値上がりする見込みやねん」(X氏)

 くしくも、世の中の物価上昇のタイミングに合わせて価格が爆騰。一般世間はつゆ知らずの話だが、ジャンキーたちの日常は阿鼻叫喚と化している。違法薬物に詳しいアングラライターが代弁する。

「シャブが手に入らない貧乏人は幻覚症状と戦いながら我慢しています。なんとか気を紛らわそうと大麻(ハッパ)でごまかそうとしていたが、結局、子供だましにすぎない。ハッパは使用後に体が温かくなるが、シャブは冷たくなるもの。要は得られる快感が全然違うんです。貴重なシャブを大事に使わないといけないから、大量に消費する炙りはNG。普段0.2グラムなのを0.1グラムに節約して注射するのが当たり前になりつつあります。すぐにパッカーンと抜けてしまうらしいですが‥‥」

 品薄と同時に粗悪品が出回るのは世の常なのか。いわゆる“混ぜもの”を扱う業者が急増しているという。

「シャブを敷いたアルミホイルを炙って、白い煙が出るやつは上等品や。傾けてシャーッと流れるから『銀紙が走る』なんて言うんよ。ところが、真っ黒の煙が出るのは不純物が混ざっとる可能性大やな。ひどいのは除光液やプラスチックが焦げたような匂いがするもんもある。手口はだいたい同じ。市販の胃薬や風邪薬でカサ増ししとる。体に入れても害はないからな。ただ風邪薬は眠たくなるからシャブとの相性がよくなくて、気をつけなアカン。それを正規の値段で売りよるんやからな」(X氏)

 そんなまがいモノに高値が付くのも、前述したように供給網がパッタリ途絶えているのが原因だという。

 そして、話は戻る。その打開策となるのが、北朝鮮の“ミサイル乱射”だとアウトロー関係者はささやくのだ──。

カテゴリー: 政治   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
大久保博元が明かした巨人大失敗の内情…原辰徳前監督は「常に無茶振りばっかり」
2
人前ではとても口にできない…鉄道ファンに「残念な愛称」で呼ばれる路線3選
3
中田英寿が中村俊輔の引退試合に出場しなかった理由を盟友・城彰二が告白
4
「すごく迷惑ですね」沖縄せんべろ居酒屋店員が嘆く「招かれざる客」のやりたい放題
5
投資額が10分の1になる「愚の骨頂」…専門家が重大警告「国が後押しする新NISAは地雷だらけ」