スポーツ

〈激闘!WBC2023〉人気爆発!“アメリカの侍”ヌートバーを深堀り!

 今大会で一番株を上げた選手と言えば──。招集に否定的だったうるさ型のOBを沈黙させる活躍を見せた「アメリカの侍」を深掘りする。

 侍ジャパンの1番打者、ラーズ・ヌートバーは、もはや日本の全野球ファンが愛する存在となった。

 メジャーリーグ事情に詳しいスポーツライター・友成那智氏が語る。

「カージナルス同僚のトミー・エドマン(27)は韓国代表でしたが、大会が始まるまでオールスター選手のエドマンのほうが格上と見られていました。ところがフタを開けたら活躍したのはヌートバー。アメリカのファンからは驚きの声が上がっています」

 ヌートバーは昨シーズンが開幕した時点で、カージナルスの「4人目の外野手」に過ぎなかった。だが、8月にゴールドグラブ賞外野手のハリソン・ベイダー(28)がヤンキースにトレードされると、巡ってきたチャンスをモノにし、右翼レギュラーに昇格したのだ。

「昨季は最終打率が2割2分8厘でしたが、後半は2割7分を超え、出塁率と長打率を足して計算するOPSも・969と高水準。肩も強く守備率も高い、今季のゴールドグラブ賞候補です」(前出・友成氏)

 日本で人気爆発した要素のひとつに、ヒットの際に塁上で披露する「ペッパーミルパフォーマンス」がある。

「メジャーでよくある『セレブレーション』というチームを盛り上げるためのパフォーマンスで、レギュラー昇格したヌートバーがカージナルスに持ち込んで定番となったものです。ペッパーミルでコショウを挽くように『身を粉にして粘り強く戦う』という意味があるとか。侍ジャパンにチームパフォーマンスがないか大谷に尋ねた時に、『エンゼルスには特にないから、カージナルスのをやってよ』と言われ、やることにしたそうです。大谷が率先して実行することで、代表チーム内でも大流行しました」(スポーツ紙デスク)

 日本人選手よりも「チームの和」を重視し、献身的なプレーを見せる姿勢は、日本人の母親・久美子さんに学んだものだという。

「ヌートバーの父親はアメリカの名門・カリフォルニア工科大学出身で、語学留学に来ていた久美子さんと知り合いその後、日本で結婚。日本で生まれた姉もアメリカで大学院にまで進んだエリート一家です。選球眼が良く、野球IQの高いプレースタイルの秘密はそこにあるのかもしれません。ちなみに、10年以上付き合っているというヌートバーの彼女も医学生です」(MLB担当記者)

 取材で「日本代表のユニフォームを着るだけで涙が出てくるよ」と日本愛を語るヌートバー。将来的には日本球界でハッスルプレーをぜひ!

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    塩試合を打ち砕いた!大谷の〝打った瞬間〟スーパー3ランにMLBオールスターが感謝

    日本時間の7月17日、MLBオールスター「ア・リーグ×ナ・リーグ」(グローブライフフィールド)は淡々と試合が進んでいた。NHK総合での生中継、その解説者で元MLBプレーヤーの長谷川滋利氏が「みんな早打ちですね」と、少しガッカリしているかのよ…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    新井貴浩監督が絶賛!劇画のような広島カープ野球の応援歌は「走れリュウタロー」

    プロ野球12球団にはそれぞれ、ファンに親しまれるチームカラーがある。今季の広島カープのチームカラーを象徴するシーンが7月初旬、立て続けに2つあった。まずは7月4日の阪神戦だ。3-3で迎えた8回裏、カープの攻撃。この試合前までカープは3連敗で…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
巨人の元4番打者が驚愕!元バレボール日本代表・益子直美の背筋力は「200キロ」だった
2
「宮田さんはタバコ臭い」体操女子・宮田笙子〝ヘビースモーカー〟証言がもう止まらない
3
相撲史に残るアイコンタクト!横綱・照ノ富士の全勝街道を支える「名勝負」にファンが涙
4
伊達綱宗に5億円を要求!身請けされても指1本触れさせず斬殺された「悲劇のトップ花魁」
5
【ヤバイぞコロナ】5類移行後の「最大波」が襲来!過去の免疫をいとも簡単にすり抜ける「新変異株」の正体