スポーツ

どうなってるんだ!? 藤浪晋太郎「有力球団に緊急トレード」が浮上する「大谷翔平超え」の現実味

 オークランド・アスレチックスの藤浪晋太郎が好調をキープしている。

 7月9日(日本時間10日)のレッドソックス戦の8回にリリーフ登板すると、2/3回を無安打無失点で切り抜けた。これでメジャーでの自己最長を更新する、6試合連続無失点。この間、6回2/3を投げて被安打4、死球を1つ与えただけで与四球はゼロと、コントロールが安定してきた。特に4日のタイガース戦では三者三振という圧巻のピッチングで、チームトップの5勝目を挙げている。開幕直後は先発投手として結果が出ず「メジャー史上最悪の投手」とコキ下ろされたが、ここにきてメディアの評価、ファンの反応は急速に改善してきた。そのため、アスレチックス専門メディアでは、「シンタロウ・フジナミは、トレードに使える一員と言えるだろう」と発信する記者も。

 好調なのにトレードとはどういうことなのか。メジャー関係者が言う。

「アスレチックスは現在ア・リーグ西地区で、大きく引き離されての最下位。すでにポストシーズン進出は絶望的で、来季に向けてのチーム作りが急務となっています。アスレチックスは資金力がなく、高年俸の選手を放出して、年俸の安い若手有望株を獲得するのが常套手段なのです。藤浪は年俸325万ドル(約4億6900万円)と、チームで5番目の高給取り。プレーオフ進出を目指す球団の中には、中継ぎ投手を補強したいチームもありますからね。藤浪が今の調子をキープできるのなら、欲しがる球団はいるのではないか」

 トレード期限は8月1日。有力チームに移籍した藤浪がポストシーズンで活躍し、同期のライバル・大谷翔平を出し抜く光景が見られる…かもしれないのだ。

(石見剣)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
韓国から「出ていけ!」ホン・ミョンボ代表新監督への〝ウソつき呼ばわり〟は日本人選手がキッカケだった
2
イギリスに実在した「世界最恐のサイコパス双子姉妹」ジューンとジェニファーの「双子語」狂乱人生
3
1軍首脳陣に嫌われた阪神・秋山拓巳に「他球団からトレード申し入れ」という「救いの手」
4
「黙らすぞクソ豚、コラァ!」坂本勇人のアドレナリン爆発を誘発させた大久保博元の「策略」
5
美女雀士・岡田紗佳の「激震しすぎる放送事故」で画面が緊急チェンジ!【2024年6月BEST】