スポーツ

“掛布×江夏”バックスクリーン直撃対談「2015年“セ・パ新勢力”を徹底激論」(2)

20150115hh

掛布 今年の巨人ですけど、いろいろポジションや戦力が変わりますね。ヤクルトから移籍してきたキャッチャーの相川は、やっぱりもう1回勝負したいという思いなんじゃないでしょうか。

江夏 そうだね。巨人は本当に阿部をファーストに回したいという気持ちがあったからね。

掛布 小林が正捕手で阿部が一塁だったら、そんなに恐くないんです。相川がセットになって、阿部のコンバートは初めて脅威になりましたよね。

江夏 もし相川がいなかったら、小林がまずかったら戻らなきゃいけないという気持ちがあったと思う。だけど、相川が入ったことでファーストに専念できる。

掛布 キャッチャーミットを捨てられますよね。

江夏 うん。完全に気持ちを切り替えられると思う。昨年の巨人は最後に4連敗して、ファンも嘆いたと思うよ。そのことを選手たちはちゃんと感じているわけだから、今年は原監督を中心にして、全力でかかってくるんじゃないかな。

掛布 それともう1人、内海がローテーションをきちっと守って投げないと、巨人じゃないでしょう。内海と阿部の2人が、ピッチャーと野手の柱でいけば、巨人は優勝候補なんじゃないかなあ。それと、中継ぎに配置転換される澤村も、いい仕事をすると思うんです。

江夏 昔は中継ぎは降格という印象だったけど、今はそれでメシが食える時代でスポットライトも浴びるから。言葉は悪いけど、中継ぎでも先発でも10勝なら1億円もらえる時代だから。

掛布 藤浪も2年続けて10勝以上で(推定年俸が)8500万円ですからね。江夏さんは先発も抑えも経験されて、どっちがどっちとは言えないと思いますけど。

江夏 どっちも大変で、やりがいもある。リリーフっていうのはベンチに入っていること自体が緊張だからね。先発はある程度投げたら次の日、ネット裏から、あるいはテレビで見られる。だから楽かといえば、先発した時は長いイニング投げないといけない。

掛布 そうですよね。江夏さんが転向された時は野村さんに「野球界に革命を起こさんか」と口説かれて、それで抑えに‥‥。

江夏 革命って何かわからなかったけどね。でも、あの当時、リリーフがこんなに大事なポジションになるとは思わなかった。先発できない人がリリーフするという考えだったからね。

掛布 先発したら9回まで投げきる、という考えでしたよね。

江夏 ピッチャーは先発して、勝ち星を自分で持って帰るというものだったから。それくらいピッチャーにとって勝ち星というのは大きいわけ。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
新垣結衣があの新婚女優に見える瞬間?「けもなれ」でささやかれる珍現象
2
めちゃイケの“ヤラセ”までバラされた!「イッテQ騒動」余波が止まらないッ
3
「中学聖日記が大反響」有村架純を待ち受ける“第二の裕木奈江”になる罠!
4
本田翼、「あざとすぎるCMダンス」に業界から「やっちまったな」の声!
5
岡村隆史、若林正恭と南沢奈央の破局に“心ない発言”で南沢ファンが怒髪天!