芸能

「五輪バブル」が続く滝川クリステルになぜ誰もエンブレム問題を聞かない?

20150927takizawa

 2年前の2013年の9月、東京オリンピック招致成功に沸いた日本。しかし、その3カ月後、東京五輪招致委員会“チーム・ニッポン”を率いた当時の東京都知事、猪瀬直樹が都知事選での5000万円の資金借用問題から辞任。今年になって、新国立競技場案の白紙撤回、エンブレム撤回と東京オリンピックは今やあの盛り上がりが嘘のようなボロボロ状態だ。

 そんな中、順風満帆なのがフリーアナウンサーの滝川クリステル。

「“お・も・て・な・し”で一躍、時の人となった滝クリにはCMのオファーが殺到。ギャラもそれまでの1本3000万円から倍近くに上がったと言われています」(広告代理店関係者)

 現在、サッカー・コロンビア代表MFハメス・ロドリゲスと共演するトヨタ自動車CMをはじめ、CM契約社数は5本。

「2015年上半期のCM女王・上戸彩の本数が13社などに比べれば少ないように見えますが、年間契約料は綾瀬はるかクラス。一流女優と肩を並べるほどです」(週刊誌記者)

 長い間、半同棲をしていた俳優の小澤征悦とは昨年末に別れたが、今春には小澤の行きつけのレストランで、別れても良き友人関係であることを報じられ、「復活があるかも」と微笑ましいエピソードになっている。

 念願だった動物愛護活動の財団法人も設立して公私ともに絶好調の滝クリだが、昨今の五輪騒動を尻目に一人勝ち状態の彼女にやっかみの声は多い。とくに女性からは、男たちが意外と気にしなかったある部分への攻撃が凄い。

「パッと見キレイだけど、意外に背が低いよね」「いつも10センチ以上はあるピンヒールをはいてごまかしている」「足が短い」と、キャスター時代はあまり大写しにならなかった下半身へのツッコミが多いのだ。

 これぞ重箱の隅を何とやらかもしれないが、ある毒舌タレントは「五輪騒動で滝川クリステルに誰もコメントを取らないのがおかしい」と苦言を呈していた。それに対し、ネットなどでは「ザハへのおもてなしはどう思ってるのか」「キャスターならパクリ問題について話してもらいたいね」と、この毒舌タレントの意見に賛同したユーザーも多かったようだ。

 いろんな意味で崖っぷちの東京五輪を滝クリはどう見ているのか、たしかに聞いてみたい気はするが。

(村山鉄男)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
誰トク?MAXのLINA、「14歳で30歳の男と交際」告白に、厳しい声殺到
2
「後ろから突きたい!」岡副麻希、猫伸びポーズにまたも妄想爆発の声殺到!
3
岡田奈々を襲った暴漢を塀の中で制裁!安部譲二が遺した怒りと男の純情
4
蘇る“朝ドラ女優”の艶演技(4)大量の“潮”まで見せた清水美沙の女優魂
5
あわや胸の“レーズン”が!マギーの艶ショットに「これは事件」の評