スポーツ

復帰後初優勝でも浅田真央がブランクで“ピンと来なかった”失敗とは?

20151110asada

 フィギュアスケートGP中国大会で1年ぶりに復帰し、優勝という好成績をおさめた浅田真央。SPでは以前より難易度を上げ、それでも完璧に滑ってみせた浅田に「ブランクを感じさせない」と絶賛の嵐だ。

 だが、実は浅田は1年間のブランクのせいで、ジャンプでの転倒に匹敵する「減点1」をくらっていたのだ。

「ソチ五輪後のルール改訂で、選手の名前をコールされてから演技開始までの時間が60秒から30秒に変更されました。スタートが30秒を超えた場合、そこから30秒以内なら1点減点、30秒以上なら棄権と見なす、となったんです。昨シーズンの始まりには、ルーティンとしてスタート前の時間を46秒使っていた羽生選手は大丈夫だろうか、と我々も心配していたんです」(スポーツ紙記者)

 そのルールも2シーズン目に入り、当たり前になった中、浅田だけは不在の間のルール改訂に調子が出なかった。

「『60秒だと思ってしまって』と言っていましたが、運の悪いことに浅田選手、SPでは旧来通り60秒を使える“グループ最初の滑走者”だったんです。ですからルールの変更がピンときていなかったんですね」(前出・スポーツ紙記者)

 1年間のブランクがこんな形で影響しようとは、浅田自身も思わなかっただろう。とはいえ、ブランクを感じさせるのがその点だけとは、さすがというべきか。

(芝公子)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
ボタンが弾け飛びそう!新井恵理那、“Dバスト”躍動バドミントン動画に絶賛の声
2
ゴムは常備!? 重盛さと美、32年間お泊りなしの”連れ込み型女子”宣言のワケとは
3
綾瀬はるかも関係!?長澤まさみ、「ドラゴン桜」で“下半身見せ”覚悟の裏事情
4
とんねるず、「タモリのビールをよそにドンペリ」押し通した驚愕バブリー現場
5
松山英樹と石川遼の「逆転人生」「落差の真相」を徹底深堀り!