スポーツ

“世界の武豊”を支えた蛯名正義との友情秘話「お互いを支え合う2人の友情」

20151224z

 当時を知る在京専門紙の元記者が耳打ちする。

「トップジョッキーのユタカからホンネの情報を引き出すのは大変でしたから、かなりの社が奥さんにバレない形でご祝儀を渡していました。ある社などは最終レースが終わったあと、人のあまりいない競馬場内の一室にユタカを呼び出し、数百万円入った包みをそっと手渡していましたよ」

 武と蛯名の友情譚に話を戻せば、ここ数年、武が社台グループに干されるなどして勝ち星が上がらず、スランプがスランプを呼ぶ悪循環に陥っていた時も、蛯名はひそかに武に救いの手を差し伸べている。競馬サークル関係者は、

「天才といえども、やはりキツかったんでしょうね。当時、ユタカは京都の先斗町や祇園にある行きつけの店で、酒浸りの日々を過ごしていたんです。この噂を耳にした蛯名は競馬関係者を通じて『酒やめないと、このままじゃダメだよ』とたしなめて、本気で心配していました」

 と明かしたうえで、この苦言は「この際、生活を改めてみてはどうか。そして昔の強いユタカを取り戻してほしい」という、蛯名なりのエールだったというのだ。

 厩舎関係者もこう話す。

「ちょうど同じ頃、『やっぱりユタカが活躍しないと競馬は盛り上がらない。何だかんだいってもユタカなんだよ』と話していましたよ」

 もちろん、2人の友情は蛯名からの一方通行、というわけではない。

「今は基本的にエージェントが騎乗馬を探してくるわけですが、馬主を紹介することはあるようです。例えば、ユタカが懇意にしている個人馬主の馬が、ずっと京都で使っていたのを東京で使うということがあった。でも、たまたまユタカが他の馬に乗ることになっていて、『いい騎手はいないか』と相談され、『それなら蛯名に乗せてやってください』と推薦することもあるらしいです。逆に、蛯名からユタカに乗り替わりの紹介もあるでしょう」(専門紙トラックマン)

 01年3月、蛯名がトロットスターでスプリントGIの高松宮記念を制した時のことだ。この日のトロットスターはなぜか行きっぷりが悪く、鞍上も「本当にヤバイ!」と焦るほどハラハラの展開となったが、最後は大外を信じられないほどの鬼脚で伸びて優勝。すると、車で帰宅途中の蛯名に、パリで武者修行中の武から「おめでとう」の電話が入ったというのだ。蛯名は著書「正義の競馬」(集英社)の中で、この時の心情を次のようにつづっている。

〈レース直後に感じたのと違った喜びがじわじわと心に広がるのを感じた。勝ってよかったなぁとつくづく思った。やはり、持つべきものは、心の通った友ということだろうか〉

 そんな蛯名の人知れぬ支えもあって、武はスランプの長いトンネルをようやく抜け出し、今年11月、年間の勝ち星を6年ぶりに100勝の大台に乗せた。

 天才の陰に蛯名あり。物議を醸したチャンピオンズCでの物言いも含めて、まさに蛯名が望んでいた「強い武」の復活である。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
本田真凛、「NHK杯」9位の苦戦よりファンが注目した“ボディの成長”!
2
太川陽介のバス旅、あのマドンナが「ヒップ躍動」魅せ!新たな見どころになるか
3
太川陽介が最もヤバいバス旅マドンナに言及!マルシアじゃなかった!?
4
「極主夫道」視聴率伸び悩み、“局内議論”で浮上した「最も根本的な問題」とは
5
フジ井上清華、「めざましテレビ」では見せない“ギャンブラー”本性