スポーツ

勝ち星独占!M・デムーロ&C・ルメールによる競馬界への猛威(3)日本人騎手はマイネルを外されたら終わり

20160428v3rd

 リーディング争いを演じてきた岩田と福永でさえも、乗り替わりや騎乗数の減少に不安を訴える今、他の騎手からも愚痴や悲鳴が聞こえてくる。多い時は短期免許で5人もの外国人騎手が来日するのだから、なおさらだ。

「牝馬クラシック3冠ジョッキーの幸英明(40)でさえ、『目標は1000回騎乗』(過去の達成者は幸、岩田、北村宏司の3人)と言っています。『1年間を健康でケガせずに』という思いなのでしょうが、裏を返せばローカルを主戦場にするという意味で、1月の小倉も参戦していた。昨年、初めて1000回騎乗を達成した岩田も『(福島は)あくまでスポット参戦で、今後(のローカル参戦)は未定』と話していましたが、ローカルで勝ち星を積み重ね、トップ10を守りたいのが本音でしょう」(スポーツ紙デスク)

 これに、若手や中堅からは泣きが入っている。

「岩田や幸のローカル参戦に、若手は『マジっすか!』と驚きを隠せない。今年の函館開催は6月18日からですが、5月末から現地入りする騎手がいると思います。デムーロ&ルメールの猛威で社台系から馬が回ってくるのを諦め、新馬の使いだしの早いマイネル軍団の馬に乗る騎手の1人は、『ここで稼いでお手馬を見つけないと。(マイネルを)外されたら(騎手生命の)終わりですからね』と不安を募らせていました」

 社台軍団入りのハードルが高くなれば、マイネル軍団の主戦争いも激化する。東の柴田大知(38)と松岡正海(31)、西なら和田竜二(38)と松山弘平(26)だ。そのあとを津村明秀(30)や丹内祐次(30)が追う。

「早朝の調教後、マイネル軍団の育成牧場でも調教に乗ってますよ。その中でも、ここ数年、ケガなどで低迷していた松岡が元気ですね。桜花賞にウインファビラスで出走した松岡は、戦前から『3強って言われるけど、一泡吹かせてやりますよ。そんなに差はない』と強気にアピール。岡田総帥からパドックで『(内枠のメジャーエンブレムに)外から蓋をするようなイメージで』と進言され、忠実に乗っていました。ライバルの三浦皇成(26)が社台にもマイネルにも乗る中、『俺はマイネルで』と腹をくくったようですね。皇成も『(昔のように)夜遊びなんて行ってられない。営業しないと』と、時間があれば北海道まで馬主と馬を見に行っていますね」(専門紙トラックマン)

 デムーロ&ルメールの猛威は収まる気配を見せず、日本人騎手の受難時代は当分続く──。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
橋本環奈の70万円が関係?「ゴチ」大不評な“割り勘ルール”導入の裏事情
2
大橋未歩の“バックは必要”発言!/フリー女子アナ「スキャンダル黒歴史」(終)
3
吉岡里帆、「強引に脱がされバストを責められる」衝撃シーンが大反響!
4
「バス旅」にまたしてもヤラセ疑惑!?ゴール直前に発生した“トイレ事件”
5
手越祐也、大ファンだった「後藤真希と急接近」で危惧される“アパ不貞”密会!