芸能

2016年夏場所「輝く!有名人スキャンダル大賞!」(6)石田純一が出馬してたなら入れましたよ。東京03×紳助で唯一助けに動いた人です

20160818_25z6th

 東京都知事選。

 候補者のビラとか来るじゃないですか。はっきり言ってさ、○○しかいねえのかって、この国には。ホントに○○○○しか出てないよ。

 全てが泡沫候補。

 ホントにヤバイっすよ。

 ていうか、あの3有力候補以外、討論会に全員出したら大変だよね。

 有力候補も、けっこうきちゃってるから。舛添さんでよかったんじゃないかって。頭抱えちゃう。

 それこそニコニコ生動画で告示前日、東浩紀、津田大介、茂木健一郎らでやっていたけど、そこに出てた猪瀬直樹がすごかった。もう感じ悪いなんてもんじゃない。スタッフに「(マイク)付けろ、バカヤロウ」って、酔っ払って入ってきてさ。「どうだ? 2人っきりで飲んだら、俺ってかわいいだろ?」とか言ってさ、東浩紀が「ハイ、センパイ」って。全部映ってるの、3時間。「いいとも」の最終回ぐらい最高だった。

 それで例の都議会のドン・内田茂の話。あの人がどんだけひどいかっていう話を延々やるのよ。「東京のガン」とまで言って。小池百合子が今度、内田と戦うから、都知事は小池に決まってると力説して。「でも、小池に行政能力やアイデアがあるのか?」と聞かれて「小池が当選したら俺がアドバイスするから!」だって。いいの、こんな話してて? それで某番組でこの話をしてもいいかと聞いたら、「すいません、選挙期間中なんで」と断られたよ。

 メチャクチャだよね。選挙期間中にその話しないでどうするんですか。前回次点だった宇都宮健児さんが出てれば、今回勝てたと思うんだけど?

 でもね、東京の有権者500万人。自民党の支持者が200万、野党が150万、合計350万と決まってる。で、残りの150万の浮動票をどう取るかだけなのね。だから、その時に宇都宮はそこに届かない。だけど、鳥越俊太郎みたいな人だったらいけると。

 いや、今の鳥越さんでは、ちょっと‥‥。

 それはそうなんだけど、それが大前提。

 可能性があるほうに賭けようと思った瞬間に、鳥越のスキャンダル報道が出てくるというね。

 石田純一だったらよかったのになあ。

 いや、石田純一だったら入れましたよ、僕。 

 石田純一が当選したら、「不倫ありなんだ」ということになるじゃない。

 でも、オシャレな東京になりそうだよ。

 さっきの東京03×紳助の時に1人だけ間に入ってケアしてくれたのが石田純一だったっていう話を聞いて、信用できるなって。

 それは信用できるね。

 内田裕也の「舛添はロックじゃない。フォークだ」は名言でしたね。

 舛添さん、フォークでもないと思いますけど。

 マジレスですね。

 マジレス。音楽に例えるのはおかしい(笑)。

 河本準一もなぜか舛添批判してました。

 お前が言えるのかって。

 出てきたら叩かれるの決まってるのにね。

 「ああやってお金を取るのはよくないと思います」って(笑)。

 ネタじゃないの? ブラックジョークでしょう?

 ネタなのかな。

 河本の番組「ヨソで言わんとい亭」(テレビ東京系)でしたっけ? もう1人の司会が名倉潤。あの2人がゲスト相手に、ダークサイドな話を聞くのがすごい気になって。

 あれ、何でああいう企画が通ってるのか、不思議だよね。

 不思議ですよ。あの2人が元「実話ナックルズ」編集長の久田将義さんに、アウトローの話を聞くみたいな企画があって。「あなたたちの周辺のほうがアウトローでしょう」って。

 そろそろ大賞を決めましょう。俺は歌丸さん。

 「笑点」のほうの。僕は酒井政利で。

 ファンキー? いや、高知もデカいニュースだよ。

 高知東生を表彰するのは嫌だな。

 都知事で当選した人ってどう? 年末あたりにアサ芸のスキャンダル大賞で絶対、出てくるから。

 「おい、小池!」だよ、指名手配だよね、ホント。「都知事選の当選者」っていうのも、ちょっとオシャレな感じもする。

 粋だね。

 どうせ火ダルマになるに決まってるからさ。

 まあ、そうね。都知事はずーっと変な磁場が続いてますね、慎太郎以降。青島さんからか。では、大賞は都知事選の当選者ということですね。

 「おめでとうスキャンダル大賞」だって(笑)。スキャンダルが起きる前からもう決定してる。

 今回はちょっぴり社会派でした。

<座談会参加者>

宇:宇多丸(RHYMESTER) 吉:吉田豪 水:水道橋博士(浅草キッド) 玉:玉袋筋太郎(浅草キッド)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
石川佳純、東京五輪の初戦勝利で男性ファンを釘付けにした“大人バスト”
2
広瀬すず、東京五輪応援CMの縦揺れバストに「デカっ」視聴者釘付け!
3
小島瑠璃子、霜降りせいやへのアプローチに「まずは肉体関係から?」の指摘!
4
貴島明日香、みずから明かしファンを歓喜させた“安産型”下半身ライン!
5
フジ堤礼実に「穿いてない!?」疑惑声が上がった生放送“超ミニ”大サービス