スポーツ

広島カープ黒田博樹が引退発表、栄光の裏にあった高校時代の壮絶シゴキ

20161022kuroda

「今年本当にみんなの力で優勝を経験させてもらって、最高のシーズンを送れたんで、全く悔いはないですね」

 さる10月18日、広島カープの黒田博樹が今季限りでの現役引退を発表した。さらに黒田は最初で最後となる日本シリーズに向けて、こう語った。

「目一杯、最後、ケガを恐れずに戦っていけたらと思います」

 大阪・上宮高校から専修大学を経て、ドラフト2位(逆指名)で97年に広島に入団した黒田は、在籍11年間で103勝の勝ち星を挙げ、07年オフにフリーエージェント権を行使して、米大リーグ・ドジャースに移籍。

 黒田は、大リーグ通算7シーズンで79勝をマーク。10年~14年にかけては、日本人投手として初となる5年連続2桁勝利を達成。そんな偉業を継続中の14年オフ、黒田はメジャー球団からの超高額オファーを断り、古巣の広島を日本球界への復帰を決断するのだった。そして今季10勝を挙げ、25年ぶりのリーグ優勝の原動力となった。

 日本だけでなく、最高峰のメジャーリーグにおいても成功を収めた黒田。しかし、高校時代の黒田にその面影はなかったという。上宮高校野球部OBが語る。

「当時の監督は本当に怖かったですから。練習試合でもピッチャーが2連続で四球を出したら、グラウンド中が重苦しい雰囲気になるんです。しかも『おい。黒田、しっかり投げろや』『もう投げんでええ。帰れ、帰れ』とチームメイトからも野次が飛ぶんです。たいがいのピッチャーは萎縮して、ストライクが入らないようになる。黒田もそうでした」

 高校3年間、黒田はずっと控え投手であり、エースナンバーが与えられることはなかった。広島のテレビ局が放送した特別番組において、高校時代の練習場を訪れた黒田はこう語っている。

「嫌やったなあ。ここで投げるの。ボールを探しに行くフリをして、外野フェンスの裏が土手になっていて、そこの川の水を手ですくって飲んでいました」

 今回の引退について、米国メディアも速報で伝えるなど、国内外から惜しむ声が相次いでいる。最高の花道を飾ろうとしている黒田。その栄光の裏には高校時代の過酷なシゴキを乗り越えた過去があったのだ。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
巨人・鈴木尚広、阿部慎之助よりこっ恥ずかしい「重婚報道」にドン引きの声
2
批判覚悟?田中圭が「おっさんずラブ」続編から降板しなかった理由
3
マギーがニット姿でも背中見え!?史上最強「チェリーを殺すセーター」爆誕
4
里田まい、田中将大とのツーショットに触れてヤケドした矢口真里との明と暗
5
共演者を泣かせたことも!タピオカ騒動「木下優樹菜のブチギレ癖」とは?