スポーツ

史上最弱「侍ジャパン」内部崩壊で原辰徳が“新監督立候補”?(2)小久保監督の迷采配続きで…

20170202f

 左の先発がゼロというイビツな編成になった裏には、西武・菊池雄星(25)が昨秋の強化試合参加を拒否。このことを根に持つ小久保監督があえて外した経緯もある。結果、日本ハムから6人、ソフトバンクと巨人から3人ずつ、という偏ったチーム編成になったのにはこんな事情が絡んでいた。

「小久保監督の絡みでソフトバンク、興行をするのが読売ですから、巨人が協力するのは当然です。NPBは侍ジャパンを独立して活動させるため、NPBエンタープライズという別会社を作りましたが、その立ち上げに日本ハムのトップが関わったことで、これも協力せざるをえない」(NPB関係者)

 いずれも積極的な様相はなく、とても12球団が力を合わせたチームとは言えないのである。しかも15年のプレミア12の失敗で露呈した、小久保監督の迷采配、能力不足への不安が残る。

「抑えの楽天・松井裕樹(21)が打たれると、行き当たりばったりで楽天・則本昂大(26)を使った。慣れない役割で回またぎをさせるという采配ミスで、韓国にやられました」

 昨年11月の強化試合(対メキシコ、オランダ)でも弱点が明らかになる。

「権藤博投手コーチ(78)は球数制限などのある国際試合経験はまったくありません。WBC公式球に慣れる技を教えることもできず、フィットしたのはヤクルト・秋吉亮(27)1人だけという体たらくでした。セーフティスクイズを失敗するなど、チーム内の連携プレーのサインも徹底されず、バックホーム態勢が必要な場面でもシフトを敷かない。監督ら首脳陣の経験不足です」(スポーツ紙デスク)

 内部崩壊が近づく侍ジャパンの目玉、日本ハム・大谷翔平(22)の起用法もあやふやなまま。1次ラウンドのキューバ戦の先発は決定しているが、翌日のオーストラリア戦、次の中国戦で打者出場はあるのか。2次ラウンド初戦は中4日になるが、無理をさせるのか、第2戦に万全の中6日でいくのか。登板の合間はDH起用するのか、代打でスタンバイするのか。何も決まっていないのである。

「史上最弱の侍ジャパンだとヤユする声もあり、アメリカでの準決勝に進めず、敗退する可能性が高い。すでにそれを見越して、『なぜ小久保ジャパンは負けたのか』という連載の取材準備に入っているスポーツ紙もあるほどです」(スポーツライター)

 と同時に、WBC終了時点で契約が切れる小久保監督の「次」を巡る争いが早くもスタート。

「次期監督は20年の東京五輪監督となる。早くも自薦他薦の名前が飛び交っていますよ」

 こう明かすのは、内情を知る球界関係者である。

「NPB内では当初から『(小久保監督が)自分から早く辞めてくれないかな』という要望が上がり、具体的に『原さんに代わってほしい』との意見が多く出ているのです」

 もちろん、第2回WBCの優勝監督、原辰徳氏(58)のことだ。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「東京五輪までに逮捕される」ヤバイ芸能人リスト(2)売れっ子俳優Tにまつわる物騒な目撃情報
2
“チクポチ”まで披露!?森香澄「胸揺れダンス」の過激化が止まらない!
3
「時効警察」視聴率低迷の“戦犯”に吉岡里帆の名前が挙がり始めた窮地!
4
「ドクターX」、止まらぬ視聴率低下に「色香担当が不在」「脚本家の問題」指摘!
5
初写真集は20万部突破ある!田中みな実、「先端コリコリ胸」を“リアル”公開