政治

「不貞離党」山尾志桜里はカレンダーのおかげで最悪の事態を免れていた!?

 民進党の山尾志桜里衆院議員が9月7日に離党を表明。同日発売の「週刊文春」にて報じられた弁護士男性との不貞疑惑を完全否定しつつも、一定のケジメを付ける形となった。今回の不貞疑惑により幹事長内定が取り消された山尾議員だが、それでも最悪の事態は免れていたという声もあるようだ。週刊誌の記者が耳打ちする。

「彼女にとっても民進党にとっても、今回のスクープが幹事長に就任した後だったら目も当てられなかったはず。それが不幸中の幸いで、正式就任前に内定人事を撤回することができました。その理由は週刊文春が9月7日発売だったから。もし週刊文春の発売日がもっと遅かったら、山尾幹事長体制がスタートしてからの大スクープになっていたのは間違いありません」

 今回のスクープを時系列で見ると、山尾氏は9月2日に幹事長に内定。同日に地元の名古屋で行われた納涼イベントに男性弁護士と一緒に参加し、新幹線のグリーン車では隣同士に座って帰京。二人は同じホテルに宿泊し、翌3日に週刊文春が山尾氏に突撃取材していた。これを受けて民進党執行部は山尾氏を事情聴取し、内定を撤回したのである。

「突撃取材から雑誌の発売日までは短ければ短いほうがいい。もし週刊文春が月曜日発売であれば、今回のスクープ掲載は最短でも11日(月)発売号だったので、突撃取材もあと何日か遅らせたはずです。その場合、山尾幹事長の誕生後だったことは確実。つまり山尾氏はカレンダーに救われたようなものです」(前出・週刊誌記者)

 幹事長内定からわずか5日後に離党というジェットコースターを体験した山尾氏。それでももっとヒドい事態を避けられたことは文字通り、不幸中の幸いだったのかもしれない。

(金田麻有)

カテゴリー: 政治   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
佐々木希、「バストの張り」良好ぶりを裏打ちした?渡部建の“豊洲バイト”
2
日テレ河出奈都美、“ポスト水卜麻美”が見え始めた「爆裂バスト」アピール加速
3
「バスト強調」艶系人気動画、突如登場「2代目」に視聴者が戸惑う“形状の違い”
4
バストが揉みしだかれて!?井上和香、「目を閉じ口を半開き顔」写真に熱視線
5
ダレノガレ明美、トレ写真で魅せていたバスト渓谷&衝撃「下腹部盛り上がり」!